Uncategorized

キャロル 映画 その後 23

原題:CAROL 身に覚えが無いのでその時は詐欺メールという考えがなく、そのURLを開いてしまいました。 pic.twitter.com/h23OJZSZTW, その後も女優として活躍し、1989年のフランス映画『美しすぎて』でセザール賞主演女優賞を受賞。, 1980~90年代には、シャネルの香水「Chanel No. 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... 光る鳥、もしくは鳥が光って見える現象ってありますか?先週の金曜日に(11月11日、天気は晴れ)、子供を保育園に迎えに行った帰り夕方6時ごろなのですが、 https://t.co/Ymik1N5NAZ pic.twitter.com/02nugMbHK1, キャロルは1992年に医師で研究者のジャック・レイボウィッチさんと結婚しましたが、1996年に離婚。, 子供は、1978年から交際していた映画プロデューサーのジャン=ピエール・ラッサム(1985年に他界)との息子ディミトリさん、その後交際していた写真家フランシス・ジャコベッティとの間に生まれた息子ルイさん。, Qui est Dimitri Rassam, fils de Carole Bouquet et futur mari de Charlotte Casiraghi ? –> https://t.co/IKIki0nc3e pic.twitter.com/cbgc523Iru, ジャン=ピエール・ラッサムとの息子ディミトリさんも映画プロデューサーとして活動中。, ディミトリさんは2019年、グレース・ケリーの孫シャルロット・カシラギと結婚しました。, キャロルは1997年から俳優ジェラール・ドパルデューと交際、2003~05年には婚約していたそうです。, Carole Bouquet ne regrette rien de sa relation avec Gérard Depardieu : « Je n’ai pas eu peur d’être bousculée » https://t.co/CTCMeWjgBj pic.twitter.com/B8nAEOfmT0, 2014年、ロスチャイルド家のフィリップ・セレイス・ド・ロスチャイルドさんとの交際を公にしました。, Carole Bouquet en couple : Ce qu’elle admire chez Philippe Sereys de Rothschild https://t.co/VmKyWAiGb0 pic.twitter.com/DY7u5oWB4q, — Purepeople.com (@purepeople) August 23, 2018. 自分の意思で時と場所を決め、 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); ©Copyright2020 mode & ideas.All Rights Reserved. 脚本:フィリス・ナジー 「愛が誰の視点で語られるかと言えば、弱者の方だ。弱者は相手を見つめ、相手が自分をどう思っているか、解明しようとしている。相手がすべての力を持っている。核心となる問題は、相手が自分をどう思っているかということ。答えを間違えば破滅だし、答えが正しければ解放される。完全に身動きの取れない状態だ」。, そして主役のケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの二人にエンディングを撮影するにあたってトッド・ヘインズ監督が語った映画とは、なるほどというあの映画でした。ロングインタビューをお楽しみください。, 衣装デザイナーのサンディ・パウエルとNYの映像美術館で『エデンより彼方に』のイベントをやってた時だった。僕らは50年代の映画からまた別の50年代の映画をやるという、とても小さな世界に住んでいるんだ。, 彼女が、女性が主役の映画をやるかもしれないという話をしていた。女性が主役の映画は圧倒的に少ない。「同性愛者の映画をやるかもしれない。ケイト・ブランシェットとプロデューサーのリズ(エリザベス)・カールセンと一緒に、パトリシア・ハイスミスの原作なの」と彼女が言って、僕は「それはすごいな。ぜひ一緒にやりたい」と言った。1年後、彼らが監督を探していた時にちょうど、僕が取りかかっていた映画が延期になって秋のスケジュールが空いて、リズに「どう?」って言われたんだ。, 僕の作品の特徴は、ほとんどすべて設定が過去になっていることだ。『SAFE』ですら撮影時より4年前が舞台になっている。同じ50年代でも、1952年から1953年は『エデンより彼方に』の1957年と全く違う。, それ以上に、あの時代のメロドラマ、ダグラス・サーク監督のメロドラマに強い興味を持った。現実の50年代には興味がなかった。興味があったのは映画の中の50年代だ。『エデンより彼方に』の舞台となった当時のコネティカット州ハートフォードの人たちが実際にどんなだったかはどうでもよかった。登場人物に、LAのバックロット(撮影用の野外セット)から出て来たように見えてほしかった。, これは大きな違いだった。僕は当時の研究やフォトジャーナリズム、アート写真に大いに注目した。ニューヨークで撮影されたドキュメンタリー・ドラマはとても参考になったよ。当時のニューヨークは40年代後半から脱け出したばかりで、寂れてすすけた汚い町だった。ダグラス・サーク監督のホームドラマにある、キラキラした、エナメルを塗ったようなコネティカット郊外とは全く違う。だからこの二つは僕の中では別物だ。, ああ、少なくとも、物事の意味を理解できるようになるために、少し距離を置きたいと思うね。, 今のニューヨークが1950年代のニューヨークにはまったく見えないのがひとつ、それから予算オーバーで撮れなかった。考えたよ、「どこに行けばいい?どうする?」ってね。『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』では1930年代のLAをニューヨークで撮った。税制上の優遇措置のお蔭でずいぶん助かったよ。だが今回はそれも難しそうだったし、予算も少なかった。オハイオ州がちょうど優遇措置を増やしたところだった。リズの夫のスティーヴン・ウーリー(映画プロデューサー)は10年以上前に時代物の『レイジ・イン・ハーレム』(1991)をシンシナティで撮っていた。クリーブランドも候補だったが、シンシナティの方が楽しそうな予感があった。シンシナティの通りにはそのまま1952年のニューヨークに使える本物の信号機があって、それも撮影した。街が気に入った。役者たちも気に入ってた。宿泊していたホテルもどこもよかった。個性的で小さくて温かくて。地元で見つけたちょっとした役の役者やエキストラも素晴らしかった。満足のいくロケだった。本当によかったよ。, 私が観ていた映画は恋愛ものが多かった。映画の素晴らしいラブストーリーの中で、視点や主観性がどんな位置づけをされているか。基本的に小説ではどんなふうにデパートのアルバイトの女性・テレーズの視点に根差しているかを追っていた。テレーズの視点がとても好きだった。とても強いと思った。この企画を始めて脚本の手直しをする時は、ある意味、そこに戻っていた。, 『逢びき』(1954年のイギリス映画)もとても興味深かった。重要なのは視点、主演のセリア・ジョンソンの視点だ。映画の冒頭で彼女の視点にどう出会うかだ。最初、駅のカフェでセリア・ジョンソンもトレバー・ハワードもエキストラのように背景にいる。その後、観客は、これはあの女性の物語だなと気づき、実際、彼女の物語になる。そして、映画の終盤でストーリーが一巡して最初の場面に戻り、同じ場面が再現された時に、そこに至るまでのすべてを経験した観客は、これが彼らの別れであり、重要な場面なのだと理解する。, 私の作品でも場面の再現があるが、最初はマクガフィン(物語の構成上、登場人物への動機付けや話を進めるために用いられる、仕掛けのひとつ)である男性の登場人物からテレーズへ視点が切り替わり、さらに映画の終盤では視点がテレーズからキャロルに移る。キャロルは、より傷つきやすく、より艶めかしく、より決然として、観客の視点を一心に集めるテレーズを追うんだ。, これは先日思ったことだが、通常、この手の古典的なハリウッドの脚本では、男性の視点で女性が語られる。だが男性の視点は力と動きのある立場で、その対象は動かない立場だ。ストーリーは主役の行動を通して進み、主役がそのエンジンを持っている。しかし愛が誰の視点で語られるかと言えば、弱者の方だ。弱者は相手を見つめ、相手が自分をどう思っているか、解明しようとしている。相手がすべての力を持っている。核心となる問題は、相手が自分をどう思っているかということ。答えを間違えば破滅だし、答えが正しければ解放される。完全に身動きの取れない状態だ。これがとても気に入った。, 小説ではテレーズはこの状態で、それに加え、彼女は自分たちの愛がどんなものかを言葉で表すこともできない。一つの文で言うことすらできない。実際、小説の中にこんな一節がある。「私はこれを愛と呼ぶだろう、キャロルが女性だという点を除けば」。まるでこの愛には構文がないようだ。彼女は言う。「ショートカットで男物のスーツを着た女性たちを見たことはあるが、それは私らしくないし、キャロルらしくもない。だから、あれが私たちの真の姿であるはずがない」。世界には彼女の気持ちや望みを表す手本がなく、想像することすらできないのだ。恋愛でそんな状態になったら、50年代のレズビアンでなくても、言葉が見つからず、何とか言葉をでっちあげるが、言葉は役にすら立たないと思う。, そこが素晴らしい。女性じゃなくても、女性同士の恋愛じゃなくても、万国共通でそういう立場に陥ることはあるからだ。だが映画が終わる頃には、この立場は変化している。テレーズは失恋と痛手を乗り越えるために強くならなければならなかった。そして彼女は変わる。彼女はもう映画の冒頭の彼女ではない。そして心を開放することがどれだけ大切なことか気づいているのがキャロルなんだ。, 今は同性愛者が当然の権利を勝ち取るようになって、彼らの自由な生活環境が認められる流れになっているが、その過程で失うものもある。“ストーンウォールの反乱”前の同性愛者の世界では、彼らは狡猾な集団であり、本当の自分を隠しながら世の中を渡らなければならなかった。彼らは主流派の社会を批判し、間接的に攻撃し、反転させたが、結局は主流派の社会を助けた。今は主流派社会の一部になっている。, [*ストーンウォールの反乱は、1969年6月28日、ニューヨークのゲイバー「ストーンウォール・イン (Stonewall Inn)」が警察による踏み込み捜査を受けた際、居合わせた「同性愛者らが初めて警官に真っ向から立ち向かって暴動となった事件」と、これに端を発する一連の「権力による同性愛者らの迫害に立ち向かう抵抗運動」を指す。この運動は、後に同性愛者らの権利獲得運動の転換点となった], 政治的、社会的偽善や抑圧はずっと興味を持ってきたことだ。たぶんもっと広い意味でも、自然で一貫した変わらないアイデンティティに対する抑圧も。だから女性がテーマの映画に興味があるんだと思う。女性は男性より社会的プレッシャーや限界に苦しんでいる。だから女性の話を語ることは、社会的要素について考えることになり、それが僕にとっては政治的で重大なことだ。, いや、オーディションはしていない。これまでに観た作品で彼女を高く評価していたし、彼女と仕事をした同業の友人たちから恐ろしく才能のある役者だと聞いて、この役をオファーした。うまく行くと分かっていたよ。, 二人ともすごい女性だ。ジュリアンはリハーサルが好きじゃない、セットで話し過ぎるのも分析しすぎるのも好きじゃない。ケイトがそれを好きだというわけじゃないが、リハーサルの過程は間違いなく掘り下げるね。『アイム・ノット・ゼア』の時と違って、この作品には少しそういうやり方が必要だった。どちらも驚くほど頭の回転が速く、非常に聡明だ。映像のこと、そして自分たちもその一部である、2次元の視覚的な物語の要素についてもよく理解している。, その答えは分からないな。ただ直感に頼ると思う。今の時代、有名な役者の相手役に、無名か、その人より知られていない役者をキャスティングしない限り、オーディションをするチャンスはあまりない。『アイム・ノット・ゼア』でヒース・レジャーとシャルロット・ゲンズブールをキャスティングした時も、この二人は相性がいいだろうと漠然と気づいていた。難しいことだが、直感を働かせるんだ。あとは制約の範囲内で仕事をするだけさ。, いや、そうは思わない。『キャロル』のエンディングで気に入ってるのは自殺したり療養所送りになったりしないことだ。だが何の保証もない。これは始まりのようなもの、終わりは始まりなんだ。このシーンを撮っていた時、ケイトとルーニーに『卒業』のエンディングの話をした。あの大胆な花嫁奪還のシーンだ。ベンジャミンは教会に乗り込み、家族の制止を振り切り、ドアに十字架をかけてエレインをさらい、二人でバスに乗り込む。その後は「さてどうしよう」だ。これから待っているのは現実。映画はここでおしまいだが。僕はこの作品でも同じように感じたんだ。テレーズがキャロルの所へと歩き出す前に、彼女にこの瞬間を与えたかった。, 1961年ロサンジェルス生まれ。88年にはバービー人形を使ってカレン・カーペンターの最後の日々を描いた中編『Superstar: The Karen Carpenter Story』で注目される。長編デビュー作『ポイズン』を91年に発表以来、ヴィレッジ・ヴォイス誌が90年代最高の映画に選んだ『SAFE』(95)、70年代グラムロックのスーパースターとなった青年を描いた『ベルベット・ゴールドマイン』(98)、ダグラス・サーク監督の『天はすべて許し給う』にオマージュを捧げた『エデンより彼方に』(02)、6人の俳優にボブ・ディランを演じさせてディランの半生を描いた『アイム・ノット・ゼア』(07)と、アカデミー賞はじめ国際的に高く評価される作品を次々に生み出している。, 監督:トッド・ヘインズ その後、観客は、これはあの女性の物語だなと気づき、実際、彼女の物語になる。そして、映画の終盤でストーリーが一巡して最初の場面に戻り、同じ場面が再現された時に、そこに至るまでのすべてを経験した観客は、これが彼らの別れであり、重要な場面なのだと理解する。 « 大願成就,成るか? | | 見出しに見る勘違い(その614) », NHK BSプレミアムで久しぶりに「ポセイドン・アドベンチャー」(‘The Poseidon Adventure’,1972)を観ました。, そして 久しぶりに キャロル・リンレイ(Carol Lynley)を観て,今,どうしているのだろうかと,Wikipediaを見て,去年(2019年)亡くなっていることを知って驚きました。最近は 年末に,その年に亡くなったスターなどのチェックをしていたつもりですが 見落としていました。1960年代の約6年間,中学生から高校生にかけて,映画雑誌 3誌(スクリーン,映画の友,映画ストーリー)を毎月 貸本屋で借りて 欠かさず読んでいた私には キャロル・リンレイは馴染みの女優でした。, 彼女の死亡報道を ‘The New York Times’,Sept.

アクテムラ 副作用 ブログ 10, 冬 連想 英語 45, 光一 剛 仲良し 9, エアロバイク 景色 アプリ 12, ヴィッツ トランク 開け方 5, ジャニーズwest 私服 ダサい 7, ポンパドール コームオーバー 違い 21, 勢 相撲 結婚 8, サガフロ2 ラスボス 強すぎ 14, ダークソウル 繋がり 考察 32, 乃木坂 Mv メイキング 7, 大河ドラマ 勝海舟 動画 4, マフラー 重低音 仕組み 9, 零 新作 2020 59, Miniクラブマン 1年点検 費用 11, ハイレゾ アニソン おすすめ サイト 16, 林田理沙 ピアノ コンクール 8, 十津川警部 38 ネタバレ 6, Ark スピノサウルス 二足歩行 5, お母さん ボカロ 逆再生 20, 三日月 オーガス 年齢 11, 野球 ファースト 左利き 4, 子供 聖書 紙芝居 22, Ipad 第7世代 フィルム 100均 18, パパドル 特別編 かんちゃん 28, 片貝 地名 由来 4, Canary 意味 スラング 38, 秋山幸二 伝説 なんj 23,

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *