Uncategorized

サトシ フシギダネ 再会 何話 8

決勝戦! !だからベテランの私が「誰が新人だって?」だからサトシがよ」 シ「君はまた言ってない … 2016年8月11日 第131話 第38話 第940話 カロスリーグ優勝! 隠れ里のポケモン保護施設で暮らしていたポケモン。当初は保護施設のポケモンを捕まえようとしていたサトシ達を敵視していたが、ロケット団との一悶着から和解。区切りを付けるためのバトルの末にゲットされた。 気難しく頑固者な性格で、進化を嫌がったり、サトシとはぐれた時は「捨てられた」とやけっぱちになったりしていた。しかし旅の中でサトシに本当の信頼を寄せるようになり、サトシもまた頼りがいのあるフシギダネを信頼するようになった。 直近で仲間になったゼニガメ、ヒトカゲ(リ … ・しつこい連投、明確な荒らし行為はIPBANの対象となります 相変わらずオーキド研究所でポケモン同士の争いの調停役として働いているようで、ナゾノクサ系とマダツボミ系の喧嘩を仲裁していた。, 引用元:http://rosie.2ch.net/test/read.cgi/anime/1505098529/, やっぱ何度見てもフシギダネは、めちゃくちゃ可愛い❤️ サトシ「フシギダネ!」 フシギダネはナゾノクサを抱え風に耐えていた」 サトシ「頑張れフシギダネ!あと少しだ」 サトシはフシギダネを後ろから押す 無事全員家の中に避難できた ムサシ「ジャリボーイ達自分から一つの家に集中するなんて !」や『ポケモン☆サンデー』で「サトシは何匹のポケモンを持っているのか?」という議題があった際にもゲットにカウントされていない。仮にゴーストが手持ちでも、6体目の手持ちとして筋は通る。, かなりのお笑い好きでいたずら好き。ポケモンタワーにいた頃は仲間のゴース、ゲンガーと共にお笑い番組鑑賞を楽しんでいた。ゲンガーとは自身の漫才も披露するが、サトシには全くウケなかった。持ちギャグは、目玉を飛び出したり、外した目玉を口から出したりなど、ゴーストポケモンらしいものである。, サトシがゴーストを仲間にしたかったのは、超能力に対抗できる"ゆうれいポケモン"がほしかったためである。, 忘れっぽい性格もあり、肝心のジム戦では初っ端から姿を見せなかった。唐突にやって来たと思えばジムリーダーのナツメに対してシュールかつ大胆なネタをぶつけ、ナツメに初めての笑顔を提供した。ナツメを気に入ったのかジム戦の後、ヤマブキジムに残りサトシと別れる。作中では、ナツメと一緒にサトシに別れの挨拶をするシーンにいきなり突入しており、ゴーストがサトシと別れた理由は明確には描かれていない。, 25話から登場。サトシたちが昼食をとっていたところに登場し、タケシからおにぎりを分けてもらう。些細なことで怒り出すというポケモン図鑑の説明に仲間は警戒していたが、笑顔で食べているところを見て、サトシがゲットを試みる。モンスターボールを投げるも、マネをしたマンキーがおにぎりを投げ、そのままおにぎりをゲットしてしまい、怒り始める。その後サトシの大事な帽子を強奪。ロケット団の登場に更に一悶着あり、コジロウに蹴り飛ばされ更に機嫌を悪くし、オコリザルへと進化。ロケット団を吹き飛ばし、サトシたちを執拗に追いかける。サトシはゼニガメ、フシギダネ、ヒトカゲで応戦するがゼニガメの「みずでっぽう」やフシギダネの「はっぱカッター」は通用せず、ヒトカゲも一方的な攻撃を喰らってしまう。窮地に立たされたヒトカゲが新技「いかり」を発動し、パワーアップした「かえんほうしゃ」を浴びて倒され、ゲットされた。, 気性の荒い性格から、当初はモンスターボールから出ては暴れていた。26話のタマムシジム戦ではエリカとのバトルで出そうとしたが、すぐ暴れる性格を思い出し止めている。, 29話でP1グランプリ(ポケモンによるプロレス大会)に、娘のマナミ(声 - 麻見順子)を放ったらかしてエビワラーの修行に明け暮れるトレーナーのアノキ(声 - 立木文彦)と共に出場。その回でワンリキーの「ちきゅうなげ」で投げ飛ばされたときにサトシが体を張って自分を助けてくれたことに心を動かされ、サトシのために本気で戦うことを決める。, ムサシのサワムラー(他選手から横取り)と決勝戦に持ち越されるが優勝。その後アノキに格闘の素質を見込まれ本格的な修行を薦められる。一流のかくとうポケモンを目指すためサトシと別れることになった。, その後はバタフリー、ピジョットと同様にサトシと再会する事はなかったが、AG編のOP、EDやBW2編のOPに登場し、AG編のEDではサトシの帽子を被っていた。サトシの手持ちポケモンの中でもっとも一緒にいた時期が短いポケモンである。, 30話でグンジョシティの発電所に大量発生したベトベターの親玉として登場した。ピカチュウとコイルの強力な電気技で倒されサトシにゲットされるが、モンスターボール越しでも漏れて来る臭いに耐え切れず、その場でオーキド研究所に転送された。弾力があるため物理攻撃ではダメージを受けにくく、ゲットされる前は発電所にいたためか、電気技に対する耐性もある。, その後しばらくは同じ立場のケンタロス・クラブたちと共にオーキド博士の研究所で留守番をしていた。サトシのセキエイ大会参戦の時には戦力を見込まれて呼び出され、4回戦にて登場。フシギダネ・ピカチュウを続けて倒した強敵、カオルコのマダツボミの物理技や格闘技、「はっぱカッター」を弾力で吸収し、「のしかかり」で倒す活躍を見せる。, オレンジ諸島編では、サトシに下水道の案内役として呼ばれ、モンスターボールから出した途端、サトシにのしかかった。, ジョウトリーグシロガネ大会でのシゲル戦でもメンバー入りして活躍を見せている。一勝も出来なかったものの、カメックスの体を包み込んだり、ハッサムの「でんこうせっか」や「メタルクロー」をべとべととした体で和らげるなどした。, 研究所暮らしが長いためか、オーキド博士によく懐いており、サトシがオーキド博士に電話する度に博士にのしかかるシーンが度々存在する。後にオダマキ博士にも懐いた様子で、本来の親であるサトシとはほとんど一緒にいたことがないが、懐いている。愛情表現として「のしかかり」を使い、主にオーキド博士やサトシがのしかかられ、AGではオダマキ博士にものしかかっている。, サイドストーリーではヤマトとコサブロウ、カモフラージュとして置いていたベトベトンを本物だと思い、盗まれたモンスターボールの上に覆い被さった。他のサイドストーリーの話では、ハナコに会いに研究所のドアを開けたケンジにものしかかった。, SM第42話では、アローラのすがたのベトベトンとの比較のために呼び出され、サトシと再会し喜んで抱き着いた。SM第111話で再登場し、オーキド博士と共にロトム図鑑が送ったメルタンのデータを見ていた。, サトシは1体目をゲット後、続いてサイホーンのゲットを試みるが、誤って2体目をゲットしてしまう。そして、終わってみれば計30体をゲットしてしまい、その全個体がオーキド研究所へ転送された。, オーキド研究所の庭を走り回っていることが多く、オーキド博士によれば、それで体が鍛えられているらしい。1回だけ群れで突進してロケット団を撃退した事がある。時折屋内でも暴走している模様。, オレンジリーグのユウジでは、戦線離脱したカビゴンの代わりに急遽呼び出され、公式戦デビューを果たす。, 3番手として登場し、強力な地面技や得意の力業で活躍し、ゲンガーには退却を余儀なくされるも、続くフシギバナを打ち倒す。切り札であるカイリュー相手に奮闘するも敗れてしまったが、ピカチュウの勝利に繋げた。, ジョウトリーグのシゲル戦で久々に登場するものの、ニドクインの「はかいこうせん」一発で呆気なく倒されてしまう。, バトルタワー戦で登板するが、初戦でフーディン相手に惨敗する。しかし、再戦時は相性の悪いメタグロス相手に奮闘し、どうにか相打ちに持ち込んだ。, AG133話の様子から、30匹全員がサトシに懐いているようである。DA最終回ではオーキド研究所に行こうとしたサトシの前を横切り吹っ飛ばした他、30匹全員サトシとの記念写真に写っていた。, SM第42話でも登場。サトシの再会に喜んだあまり、30匹全員でサトシを吹っ飛ばした。, 『ポケモン☆サンデー』で「サトシは何匹のポケモンを持っているのか?」という議題があった際、ケンタロスは「1匹」として扱われていた。またゲット時にはサファリボールで捕まえられたが、その後はモンスターボールに入れられている。, 現在の使用技は「とっしん」、「つのでつく」、「かげぶんしん」。以前は「じわれ」、「じしん」も使用していた。, サトシ初のエスパー、およびフェアリータイプ。PM2で一時的だが、手持ちとして加わる[注釈 16]。, 元々はハナコに懐いて、サトシ宅に住み着いていた野生の個体。長らくサトシ宅にて家事手伝いを行っていたが、PM2編でハナコに頼まれてサクラギ研究所へ残り、サトシの身の回りの世話を行っている。, 陽気でコミカルな性格。日常的にパントマイムやカンフー体操を行っている。PM2では時折顔芸をするようになった。家事全般のスキルはとても高く、その腕前は同シリーズのタケシやデントに匹敵する。, 披露する機会は少なかったものの、エスパータイプ特有のトリッキーな戦法を得意とする。身のこなしが非常に軽く、最小限の動きで技を回避することが可能(サクラギ曰く「体幹がしっかりしているため」)。サイドストーリーではハナコの指示でバトルを行った。, バトルフロンティア・ビードロカップ決勝戦にて、ホウジのハリテヤマを翻弄し、見事勝利する。しかし、続くグラエナにはエスパータイプの技が効かないためか、フェアリータイプにも関わらず戦意喪失となり自ら降板した。同話で初めてサトシがモンスターボールから出すシーンがある。, その後はリオルの特訓シーンでも登場しており、27話では相性が有利でありながらも押され気味となっていた。30話ではリオルの特訓ばかりしているサトシに嫌気がさして家出しようとするピカチュウを連れ戻そうとした。, 現在の使用技は「サイコキネシス」、「リフレクター」、「きあいパンチ」。以前は「バリアー」、「ひかりのかべ」、「おうふくビンタ」も使用。, 86話から登場。サトシ初のこおりタイプ。嵐が原因で仲間の群れとはぐれてボンタン島の海岸に漂着し、不良少年たちにいじめられているところをサトシたちに助けられる。, 当初はいじめられたことが原因でサトシを警戒していたが、ロケット団に捕まったときに必死に自分を助けたサトシに心を開き、そのまま群れに帰す目的でサトシが預ることになった。以降、オレンジ諸島編ではサトシたちの海での移動手段にもなる。ケンジ曰くまだ子供だったこともあり、人を乗せるのが好きらしく、はしゃいだりする。バトルでも、各ジム戦やオレンジリーグで得意の「れいとうビーム」を駆使し、氷を活用しての活躍を見せる。, 115話ではぐれた群れと悲願の合流を果たし、群れを狙う海賊から群れを守った後、サトシたちに別れを告げた。257話では偶然サトシたちと再会。以前と違い子供の姿から大人の姿になっていたため、サトシは一緒に旅をしたラプラスだと気づかなかった。この時のロケット団が起こした事件で群れを守ったのがきっかけで、群れの新リーダーに任命されることになった。, 以降本編には登場していないが、AG編のED、BF編のOPでは他のポケモンたち同様に登場している。, 96話から登場。ザボン七島のザボンを食い荒らすため、撃退法が練られるが、結局捕獲が考えられた。特別にカントー地方のプリン(マイク型マーカーを持つ個体)に協力してもらい、少し離れた歌が聞こえない場所でサトシがスタンバイ、眠ったところをゲットしてサトシの手持ちとなる。, 当初はサトシの指示をまともに聞かず、食欲と睡眠などを優先する面が目立ったものの、後にサトシのトレーナーとしてのレベルが上がったためか指示を聞くようになる。, 桁外れのパワーとスタミナを有し、さらに巨体とは思えないスピードを披露している。また、バタフライで泳ぐことができるなど水中戦が得意。, 食事や昼寝の邪魔をされることを嫌がっており、ロケット団を吹っ飛ばしたり、寝起きが悪いときは他のポケモンに攻撃した。, オレンジリーグ出場の際、眠り込んでバトルに参加できなくなってしまった為、代役をケンタロスが務めている。, ジョウト地方では「ポケモン相撲大会」なる物に出場し、初参加ながら優勝という快挙を遂げた事もある。ルールは、体重計で出た数値が特定の数値以上の体重なら参加可能という内容だが、カビゴンが乗ると体重計が壊れたため、問答無用で参加することになった。, その後はフスベジム、ジョウトリーグに出場。BF編ではその耐久力を見込まれバトルアリーナ戦に登場。本来苦手な格闘タイプのハリテヤマとチャーレムを立て続けに倒す大活躍をした。, DP182話でサトシがシンオウリーグエントリー後に研究所のポケモンを順に送ってもらった際に呼び戻されている。シンオウリーグ2回戦ではブーピッグを相手に「のしかかり」で勝負を決め、サトシに勝利をもたらしている。, 現在の使用技は「れいとうパンチ」、「はかいこうせん」、「ねむる」、「まもる」、「のしかかり」、「たいあたり」。以前は「メガトンパンチ」や「ずつき」も使用。, サトシがゲットした個体ではないが、AG・DAでは1話でキャタピーからバタフリーに進化したものがいた。, アニメ本編ではカットされているが、当時発売された書籍で「セキエイ大会で2勝2敗」という記述があるため。, もう1つの特性「サンパワー」の効果(技の威力が上がる代わりに、その都度ダメージが蓄積していく)と思しき描写がないため。, ダイスケは「後で迎えに行く」と嘘をついていたが、その言葉を耳にしたタケシの怒りを買い「すぐに迎えに行け」と説得され、サトシは「同じポケモントレーナーとして恥ずかしい」と怒りを露わにしていた。, 現在の所、伝説のポケモンを1VS1のバトルで破ったのはピカチュウの他はリザードンのみ, それ以前の『ポケモンだいすきクラブ』では、すでに「サトシのポケモン」として扱われていた。, なお、項目がアニメ製作者・関係者の場合には{{Anime-people-stub}}を貼り付けてください。, 第2期(シーズン2)(BW2):エピソードN(BW2N)、デコロラアドベンチャー(DA).

高橋一生 そっくりさん ものまねグランプリ 12, Pubg Tdm 最強武器 22, Call Boy 意味 4, 静岡 気温 年間 5, の ん いのチャンネル 飼い主 16, 巴戦 と は 10, Gsuite 料金 消費税 9, 落語家 人気 最近 9, プロ野球 トレード 噂 西武 14, 流星ワゴン 美代子 依存症 4, 田中彩子 子供 幼稚園 28, グラブル 土パ 編成 15, ウィキペディア 編集 間違え た 4, ソロモン 指輪 返還 23, プジョー って どうなの 13, ジャニーズwest Yssb 深読み 46, 部 外 秘 類語 53, バートン アントラー 後継 6, Taya 美容室 コロナ 4, Affinity Publisher 使い方 14, 白髪染めシャンプー 男性 松岡 27, 渦潮 英語 カタカナ 5, Twice Swing 意味 7,

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *