Uncategorized

スペイン サッカー 日本人少年 4

ちなみに、帰国直後の2015年4月にはイギリスのMirror紙で「19人のニュー・メッシ」の1人に選ばれています。, 帰国後、日本での移籍先がFC東京の下部組織に決まり、デビュー戦で決勝点となるゴールを決めてここでもサッカー天才少年の片鱗をしっかりと見せつけています。 スペイン一部リーグといえば、レアルマドリードやバルセロナという世界的ビッグクラブが所属しているリーグです。, また日本人ではエイバルに所属している乾貴士選手や、レアルマドリードからレンタル移籍しているマジョルカの久保建英選手がいます。, 今季も盛り上がりを見せているリーグですが、スペイン二部リーグにも注目が集まります。, かつての日本代表を支えた元10番やエースストライカーが今季よりスペイン二部リーグを戦場としています。, スペイン二部リーグは、文字通りスペイン一部リーグ(プリメーラ・ディビシオン)の下位のリーグです。, 上位2チームが自動昇格して、上位3~6位のチームによるプレーオフで残りの昇格チームを決めます。また下位4チームは三部リーグへと降格します。, スペイン二部リーグといえ、トップリーグに比べてレベルが格段に落ちるとは言えません。, 現在、二部リーグで、日本代表の柴崎岳選手が所属するディポルティボは99-00シーズンには、一部リーグで優勝するほどの実力がありました。, また、スペイン二部リーグ所属のアルコルコンはスペイン国王杯でレアルマドリードに4-0で勝ったこともあります。, しかし、日本人にはあまり知られていないチームでも、高い実力を持っているチームは数多くあります。, https://twitter.com/S_Kagawa0317/status/1187833164623962112, 香川真司選手が二部リーグの中では年棒を多く貰っていると仮定すれば、スペイン二部リーグの平均はJ1の2000万円と同じか少ないと思われます。, 香川選手はマンチェスターユナイテッドに所属していた時は10億円以上の給料を貰っていたので、比べてみると大幅な年棒ダウンですね。, やはりトップリーグではないので注目度も低いし、リーグからの分配金も少なく経営難に陥るクラブもあるみたいですね。, 第二節のポンフェラディーナ戦では移籍後初ゴールを挙げるなど、二部リーグの中では格の違いを見せつけていました。, 移籍問題で、マラガに契約解消されて、ウエスカへと移籍した岡崎慎司選手は、リーグ途中より定位置を確保して活躍しています。, 加入後すぐはゴールに恵まれない時期が続いていましたが、第8節で初ゴールを挙げてからは、2試合連続ゴールなどの活躍で得点を重ねています。, 開幕戦からスタメンで出場を続けていましたが、チームは最下位と低迷しており、自身も出場機会に恵まれないという不本意なシーズンを送っています。, 日本代表のエースだった香川真司選手や現日本代表の柴崎岳選手でも簡単には活躍できないのがスペイン二部リーグです。, 特に柴崎岳選手は今後も日本代表の中心選手としての活躍が期待されるだけに、所属クラブで活躍してほしいですね。, https://www.x4l.org/wp/wp-content/uploads/2020/01/spomite_logo.png, プロ野球ならでは!「サヨナラゲーム」って何?メジャーリーグでも有名?「サヨナラ」で優勝が決まった試合…, 【野球】グラウンド内ばかりでハプニングは起こるわけではない!スタンドでも起こったハプニング集. 2013年 FCホベ・エスパニョール(スペイン) 「ついに予言が現実のものになった! 万歳! 大空翼」(ブラジル) 前回の続き!まったく正反対の方向を向いているブラジルとスペインの育成!でもその2国にに共通していて日本とは違うものはなんだ!?, *シュート練習も日本では敵がいない状況で練習するが、ブラジルでは必ず敵のいる状況でやる, *試合ばかりしてるうちにもっと上手くなりたい、プロになりたい、という子が練習するようになる, *バルサでは「サッカーはサッカーでしか上手くならない」と考える(→スペインが世界の頂点に上り詰めた原動力、戦術的ビリオダイゼーションの根本的哲学), *つまり試合から切り離した練習(コーンドリブル、リフティングetc)はサッカーの練習にならないと考える。コーンドリブルはコーンをかわすのが上手くなるだけで、人間をかわせるようにはならない。, はい、もうこれに尽きるでしょ。日本ではコーンドリブルだ、誰もいないゴールに向かってのシュート練習だ、敵のいない対面パスだ、そういう試合とは切り離された練習が多すぎるってこと。そんなことスペインでもブラジルでもやってない。とにかくこなしているミニゲームや試合の数が圧倒的に違う。ここが日本の育成の弱点。間違いない。, 要するにスペインの育成に詳しい日本人と、ブラジルの育成に詳しい日本人が、まったく別の本で同じ批判をしている。これ、非常に大事だと思う。, スペインの育成については本場バルサの12歳以下の育成コーチを務め、日本に初の公式バルサスクールを設立した村松さんの本を参考にした。例のバルサの久保君パパが一番参考にしたという本の著者だね。そしてこれ、ついに買っちゃった!!, あのね、パパは実は根本的なことは上手くなるうんぬんじゃないと思う。違うよ。結局さ、子供がサッカーを楽しめるかどうかなんだよ。つまり子供はやっぱり試合が楽しいのさ。, そしてその試合を少人数で行う。これも非常に大事。なぜって一人一人のボールに触れるチャンスが圧倒的に増えるからさ。その方がやっぱり楽しいのさ。スペースも生まれるので戦術の理解にもプラスだ。, 日本ではもう最初からつまらない精神修行みたいな反復練習ばかりやらされて、怒鳴られて、試合にも出してもらえず、根性論で頑張らせて結局サッカーは下手くそ。ああ、誠に残念ですな。それに狭いコートで11人制なんてほんと、なんの練習にもならんと思うよ。, ブラジルでもスペインでも恐らく子供はサッカーが楽しくて仕方がないのさ。毎日ゲームゲームで楽しくて仕方がない。そして楽しくてたまらないからこそ上手くなるんだ。だからブラジルとスペインではやり方が180度違うのに同じように強い。楽しんでいる度合いが同じ、こなしている試合数が同じなんだ。, でも本を読んでもまだ日本人は信じられないのさ。試合ばっかり?そんな遊んでばっかりで上手くなるはずがない、日本人はみんなどこかでそう思っているんだ。上手くなる=苦しい努力、と思っている。, まったく違うよ。まずとにかく楽しいことが最優先。その楽しさを広げていくために細かい技術の練習が始まるのさ。そして練習したら試合で試す。その繰り返し。だからスペインでは必ずメニューを以下のように組むそうだ。, 決して練習をしないわけじゃないんだ。試合形式の中で練習をするってこと。試合ばかりやる=ただ何も考えず試合だけやればいい、というわけではないよ。ただトレーニングの軸が試合形式にあるってこと、またトレーニングの成果を試す試合の回数が段違いに多いってことだよ。, ブラジルの育成なんてもう子供のモチベーションがすべてで成り立っている。そこがすごい。要するに「試合楽しい、やりたい!」の時は徹底してミニゲームばかり、そして「勝ちたい、もっと上手くなりたい!」が始まったら練習、というゴールデンな流れなんだな。つまりやりたいことしかやってないのさ。, サッカーは遊び。やっぱり結局大事なのはそこじゃないかな。バルサの村松さんによれば、スペインの子供もやっぱり試合形式じゃないトレーニングは大キライで自主練なんて一切やらないそうだ。もう一度書いとくぜ。, そして正規の練習時間も日本より極端に少ない。じゃあ練習にメチャメチャ集中しているかというと、高校生くらいでもとにかくコーチが引き締めないとすぐにだらけてしまうそうだ。, つまりね、とってもとっても悲しいことだけどね、厳しい修行のようなトレーニングを必死に行っている真面目な日本人は、楽しく毎日遊んでばっかり怠け者のスペイン人に「超弱い」とバカにされているってことだよ。遊んでいるやつに負けるのさ。, なぜか?サッカーは遊びだからだよ。だからサッカーで目いっぱい遊んでいる奴が勝つんだよ。, 当たり前じゃん。日本はどんなスポーツも武道の精神。それはそれで素晴らしいものだけど、サッカーに勝とうと思ったら武道は捨てないとな、遊びなんだから。結局好きこそものの上手なれ、昔の人の言う通りさ。, 前述ブラジル育成本の中にそういったことを象徴するようなメチャメチャ楽しい記述があったので最後に紹介。日本との違いに愕然とするよ。それはとある試合中の出来事だ。, ある少年がゴール前にいると絶妙なクロスが来て、彼はキーパーもいないフリーの状態でシュートを決めた。ところがこれを見ていた味方の父母から大ブーイング!(敵ではない、味方です!), そしてその数分後またもやゴール前にいた彼のところへボールが渡り、またもやキーパーもいないゴールが目の前にあったが、今度はすぐにシュートを決めず、彼はキーパーが戻るのを一旦待って、それを派手にフェイントでかわしてシュートを決めた。これを見て大人たちは拍手喝采だったという。, ね?日本では考えられないでしょ?試合中だぜ?でもね、彼らは心底楽しんでいるんだよ。で、これ、たまたまじゃなくて「そんなシュートはうちの婆さんでも決められるぞ!」はブラジルの定番ヤジなんだってさ。, とにかく大人も子供もサッカーが楽しくて楽しくて仕方がないのさ。日本に足りないのはこれだよ。楽しみ方は国によって千差万別。スペインではポジションを固定しないサッカーは子供がツマラナイと言ってやりたがらないそうだ。面白いよね。ブラジルとの違いは恐らく国民性だよね。でも「試合がなんと言っても楽しい」というのは万国共通だと思う。, それにはやはり子供たちにたくさんのミニゲームをやらせてあげるのが一番。そして試合の楽しさを広げるために技術や戦術が入ってくるのだ。, レースの付け襟、レースベストなどレースものが大充実! スペインで順調に才能を伸ばしていましたが、2013年~2014年にFCバルセロナは外国人補強問題でFIFAから罰則を受け、その影響で2015年3月に退団して帰国となってしまいました。 ちなみに、帰国直後の2015年4月にはイギリスのMirror紙で「19人のニュー・メッシ」の1人に選ばれています。 … 久保くんより2歳年下の中井くんは、2013年から2016年現在に至るまで、FCバルセロナと双璧を成すスペインの名門であるレアル・マドリードの下部組織カンテラでプレーをしています。 ホームページ、各SNSでもご連絡をお待ちしております。, 【2021シーズン・前期】アジアサッカートライアウト「ファーストステップリーグ編」. 仙台大学, ■プロ経歴 Copyright © 2020 JS-Soccer All Rights Reserved. 「サッカーの楽しいところは、ドリブルしたりシュートしたり、パスを受けてゴールへ向かったりするのが楽しいです」 「スペインとかで見ても ドングリクンパパ&ママのやっている 日本人初のイランリーグでプレーした【杉田祐希也】選手のインタビュー記事。スペインからプロキャリアをスタートさせ、タイ、スウェーデン、イランなどの世界各国で活躍してきた杉田選手のサッカー人生にフォーカスした記事です。 レアル・マドリードや、fc バルセロナ、アトレティコ・デ・マドリードなどの強豪クラブがひしめく世界最 … 「みんなが抱いていた夢は本物だった。彼こそキャプテン翼だ!」(アメリカ) 柏レイソルU-12 「翼」(ハンガリー) この項目は現在および過去に日本国外のサッカーリーグに所属した日本人サッカー選手の一覧である。. WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". なぜ日本は弱い?(少年サッカー育成におけるスペイン・ブラジル・日本の違いと共通点)vol.2. 現在世界のサッカーファンが、一人の日本人少年の活躍に大興奮している。 その少年の名は、久保建英(くぼ・たけふさ)くん。現在10歳の彼は、昨年日本人で初めてあのサッカークラブの名門バルセロナと契約を交わし、日本だけではなく世界のサッカーファンから大きな注目を浴びた。 2016年 パタヤ・ユナイテッドFC(タイ) 海外サッカー若手日本人有望株は?下部組織にも中井卓大、泉田陸玖らなかいたくひろいずみたりく. 入団の経緯としては、2012年夏に開催されたレアル・マドリード・ファンデーションチャレンジキャンプ2012で優秀選手に選抜され、続く2013年4月のチャレンジキャンプinスペインでもその逸材ぶりが注目されます。 天才あるいは逸材と言われる少年たちが将来の日本サッカー界で活躍し、世界のサッカー選手になるためには、その成長過程での環境が整っていることが欠かせません。 柏レイソルU-18 スペイン二部リーグは、文字通りスペイン一部リーグ(プリメーラ・ディビシオン)の下位のリーグです。 スペインのリーグは4つのカテゴリーに分かれています。 その4つのうちの上から2つ目に位置するリーグです。 日本のJリーグ同様で各カテゴリーで昇格や降格があります。 スペイン二部リーグは22チームのクラブで構成されています。 ホーム&アウェイ方式2回総当たりで42節あります。 上位2チームが自動昇格して、上位3~6位 … 2018年 – 2019年 トラークトゥール・サーズィーFC(イラン) 実際どれくらい価値があるか計算した結果 …, 【実録】突然「声が出るよ」と書かれた謎の段ボールが届いた → 開封してみた結果 …, » スペインで大活躍する天才日本少年に世界サッカーファン大興奮! 海外ユーザー「大空翼は存在していた!」. 2017年 – 2018年 ダルクルドFF(スウェーデン) そのため、中井くんは日本よりもスペインをはじめとするヨーロッパで有名なサッカー天才少年です。, それでは、中井くんのプロフィールを見てみましょう。 日本のJリーグを経由せずに、世界各国でプロサッカー選手となる日本人が増えた昨今のサッカー界。日本人選手達がプレーする国や地域は多種多様で、日本では名前が広く知れ渡っていなくとも、その国や地域では大きな評価を得ている選手も複数存在する。, その中でも、アジア諸国で活躍する選手は多数存在。東南アジアNo.1の呼び声が高いタイ、その周辺に位置するカンボジアやラオスでは、数年前から多くの日本人選手が活躍し、日本人選手の価値を高めてきた。, しかし、西アジア・中東地域にまで足を伸ばすと、日本人にとってはまだまだ未開の地である。大きな評価を得て現地で活躍してきた選手はごく僅か。そんな中、とある一人の選手が日本人初のイランリーガーとしてプレーした。, 現地で高く評価されている杉田選手は、なぜイランで認められているのか。今回は、イランへたどり着くまでに様々な経験を経てきた杉田選手のサッカー人生にスポットライトを当てる。, 埼玉県出身の杉田選手。小学生時代からプロサッカー選手を目指していたことから、Jリーグの下部組織があるチームのセレクションを受ける。その結果、小学4年生から柏レイソルU-12でプレー。中学・高校生時代も、同チームのユースカテゴリーでプレーを続けた。, 当時のポジションは典型的なトップ下の選手だったが、高校2年生で怪我をした影響もあり、高校3年生で試合に絡む回数が減ってしまった。そこから出場機会を掴むために、「個人で局面を打開できる選手になりたい。ドリブラーになろう。」と、工夫を重ねてドリブルの練習に励んだ。, しかし、高校卒業時に柏レイソルのトップチームへ昇格することが叶わず、宮城県の仙台大学へ進学する。入学後は、高校時代に磨きをかけたドリブルを武器にプレーする、サイドアタッカーへと進化を果たした。, このとき身につけた「臨機応変さ」が、のちに世界を相手に戦う杉田選手の大きな武器となる。, 「”スペインへ短期留学したい”と大学側に伝えて、スペインに渡航しました。もともと、高校生時代から海外に行きたい気持ちがあったのですが、タイミングが合わずに大学生になりました。しかし、その気持ちをおさえることができず、大学へ入学したばかりでしたがスペインに旅立つことを決めました。」, 当時19歳だった杉田選手はスペインへ向かい、現地チームのトライアルに参加した。その結果、当時スペイン4部リーグに属していたホベ・エスパニョールとの契約を果たす。しかし、ビザや書類の関係から試合に出場することができず、下部リーグでの出場を余儀なくされる。, そのままスペインでの初シーズンが終了してしまったのだが、ここで杉田選手の元にビックチャンスが訪れる。, 当時スペイン2部リーグに所属していたエルクレスCFへの練習参加が認められた。そのチャンスをものにした杉田選手は、2013-2014シーズンに同チームと契約し、スペイン2部リーグでプレーした。, 「当時はまだ年齢が若かったこともありますが、スペイン2部リーグのレベルは高かったです。いま振り返ると、自分のプレーを何も出せていなかった感覚です。ただ、シーズンを通じて16試合に出場し、2ゴール決めることができました。とても良い経験ではありましたが、チームは翌年に降格してしまい、エルクレスCFでの2シーズン目はスペイン3部でプレーすることとなりました。」, スペインのエルクレスCFで2シーズンプレーしたが、給料に関する契約が守られていないこと等の問題が重なり、杉田選手は同チームの退団を希望。話し合いでは折り合いがつかず、チームとの裁判を起こす出来事となってしまった。ただ、一方ではスペインの強豪ビジャレアルのBチームからアプローチを受けていた。, しかし、裁判での勝利を収めたタイミング(=移籍が可能になったタイミング)で、ビジャレアルの話しが流れてしまう。他のチームからのオファーを待ったが、なかなか納得できるオファーが届かない時間が続く中、突然届いたタイリーグからのオファー。, 「東南アジアの中でもトップに位置するタイリーグ。その中でも1部リーグで常に優勝を争うチームからの話しが届きました。直接契約できる訳ではなくトライアルからでしたが、チャンスがあるならチャレンジしようと決めてタイに向かいました。しかし、現地に到着すると話しを受けていたチームには結局行くことができなくて…。そこで、パタヤ・ユナイテッドの練習に参加することとなりました。その結果、同チームと契約したのが2016年シーズンの話しです。」, このような経緯を経て、タイリーグ1部のパタヤ・ユナイテッドへ移籍を果たした杉田選手。しかし、初めてプレーしたアジアの地では「かなり苦戦した」と、本人は語る。, 「正直、もう少し活躍できると最初は思っていましたが、結果を残すことができませんでした。タイではゴールやアシストと言った”数字”の部分に評価基準の比重が大きいと感じていて、前線のポジションである自分は、その数字の部分を結果で示すことができませんでした。自分自身の準備が足りていなかったのだと思います。いくらドリブルで相手を抜いたとしても、ゴールを決めないと評価されない。いま思い返すと、自身の成長という部分では、とても良い勉強になりました。」, 前期リーグをパタヤ・ユナイテッドでプレーした杉田選手は、後期からレンタル移籍で同リーグ2部のPTTラヨーンFCへ加入した。, 「タイでは、外国人選手としてプレーする上で求められることが、当時の自分は果たすことができていませんでした。ラヨーンでプレーした際もそれは一緒で、タイでの時間は自分にとって苦しい期間ではありました。ただ、先にも言った通り、外国人選手として”結果”を残すことの重要性や責任を学べたことに関しては、物凄く良い経験ができたと思っています。」, タイでのシーズン終了後、新たな活躍の場を求めてメキシコへ向かう。現地では約3ヶ月間滞在したが、結局チームとの契約にこぎつけることができなかった。そのタイミングで、エージェントを通じてスウェーデン2部のチームへトライアルに参加できるオファーが杉田選手の元へ届く。, 「もう一度ヨーロッパでプレーしたい」との思いから、同チームのトライアルを経て、2017年シーズンにスウェーデン2部のダルクルドFFと契約を果たした。, 「スウェーデンのサッカーに対する最初のイメージは、勝手ながらみんな体が大きくてロングボール主体のサッカーをするのかと思っていました。しかし、戦術的に整理されていて、全体的なサッカーのレベルも高いと感じました。足元でしっかりパスを繋ぐチームも多いです。待遇面でも現地ではしっかり生活できるレベルなので、サッカーをプレーするには集中できる環境だと思います。」, 再び活躍の場をヨーロッパへ移した杉田選手。スウェーデンでの初年は2部リーグを優勝し、翌年に1部リーグへの昇格を果たした。そして、2018年は同リーグの1部でプレー。スウェーデンでの杉田選手の活躍が他国にも知れ渡り、このシーズン中にビッグオファーが舞い込むこととなる。, 2018年シーズン、スウェーデン1部リーグで活躍していた杉田選手。シーズン中に、イラン1部のトラークトゥール・サーズィーFCからオファーを受けた。, 「スウェーデン1部でプレーしていた時に、国内外の様々なチームから興味があると言われていた状況でした。その中で、イランから正式にオファーが届きました。正直、待遇も過去の自分の中では一番良い内容です。このようなオファーは二度ともらえないかもしれないし、もう一度他の国でチャレンジしようと思い、イランに移籍することを決めました。」, 日本のJリーグを経由せずに、海外でサッカー選手としての価値を高め、アジアでも日本と匹敵するイランの1部リーグへの加入を果たした杉田選手。, 「加入したトラークトゥール・サーズィーFCは、自分が移籍したタイミングと同時に、ヨーロッパでプレーしていたイラン代表の第1、第2、第3キャプテンを獲得しました。オーナーが変わって、チームが力を入れていたタイミングだったんです。チームメートもイラン代表クラスの選手が多く、サッカーのレベルも高いと思いました。試合では、1対1の局面で凄まじい激しさがあり、フィジカルコンディションが整っていなければ戦えないリーグです。自分は、ウイングのポジションで果敢に仕掛けることが主な役割でした。他のチームも、ウイングの選手はがんがん仕掛けていくし、トップ下の選手でも積極的にドリブルで仕掛けていきます。」, 「このチームには手厚い待遇で迎え入れてもらえたこともあり、良い住まいを用意して頂いたり、移動するためのドライバーが付いてくれたりしました。チームの本拠地でもあるタブリーズという街では、ファンの方々が物凄く熱狂的です。街を歩けば人だかりができてしまうほど。なので、あまりプライベートが無いような環境ではありました。また、日本食をはじめ、中華料理やアジア料理も全く無い街だったので、サッカー以外では家で過ごすことが多かったです。今まで過ごしてきた場所とは全く異なる環境でした。トルコとの国境近くの都市ですが、治安は良かったです。また、地理的な影響もあるのか、現地の方々はトルコ語も話します。」, このような環境の中、杉田選手は加入1年目のシーズンは3ゴールを記録。また、シーズン序盤はベンチスタートの試合もあったが、途中からはスタメンとして活躍。チームに欠かせない存在へと変貌した。, 「契約してチームに加入したタイミングですぐにリーグが開幕だったこともあり、シーズンの序盤はベンチスタートの試合もありました。ただ、途中からはほとんどの試合でスタメンとしてプレーしていました。スタジアムには3万人ぐらいのサポーターが常に入ります。大きな試合だと、7~8万人の観客が入る試合もあります。更に、タイトルが掛かるような試合になると、観客席は10万人規模になります。イラン現地では、サッカーが人気No.1のスポーツです。ただ、宗教の関係から女性はスタジアムに入ることができないので、男性だけで数万人規模の人数を埋め尽くしているスタジアムとなります。そのスタジアムは異様な雰囲気です。」, 最新のFIFAランク33位のイラン(2020年4月9日発表)。日本と常にアジア1位を争うリーグでプレーした杉田選手は、同国で大きな評価を得ている。, イランでの2シーズン目を迎え、10試合ほどをプレーしたタイミングでスウェーデン1部リーグのIKシリウス・フォトボルへ期限付きでレンタル移籍を果たし、2020年6月現在に至る。, 「アメリカとイランの関係が悪化してしまい、イラン情勢が不安定な状況となってしまいました。身の安全やサッカーに集中できる環境などを考えると、今はイランではない場所に籍を置くほうが自分にとってベストだと判断し、チーム側に自分の思いを素直に話したんです。チームは自分のことを評価してくれていて、最初は残ってほしいと言ってくれました。ただ、結果的にはレンタルで半年間は好きなところでプレーした後、またイランへ戻ってこい。という話しなりました。」, 2020年6月現在は、スウェーデンにてプレーしている杉田選手。しかし、イランのトラークトゥール・サーズィーFCは杉田選手のことを高く評価している。その証拠として、1シーズン目を終えたタイミングで、5年契約のオファーを受けた。, イランという日本人にとってはあまり馴染みの無い場所だが、高い評価を受ける杉田選手は現地のチームから必要な選手とされいる。それはイランに限らず、現在プレーしているスウェーデンでも同じことが言えるだろう。, 「日本人である自分は、現地では外国人選手となります。特にアジアではチームプレーも重要ですが、個人で何ができるかという部分がより重要になると思います。その個人の結果次第で、翌年の自分の待遇が大きく変わりますし。何を意識してプレーするのか、何を大切にプレーするか、その時々で考えるようには意識しています。例えばイランであれば、味方選手のためにスペースを作るような動きが効果的だったとしても、そのような部分はあまり評価されておらず、球際でガッツリ戦いに行ってボールを奪いきる部分や、ゴールを決めるという部分が評価されます。その国やチームで求められていることを、臨機応変に対応することも時には必要だと思います。」, 日本でプレーしていた頃から持ち合わせていた「臨機応変さ」で、各国での活躍を実現してきた。その積み重ねの成果が、イランでの評価に繋がっているとインタビューを通じて感じさせられた。, 「プロサッカー選手」として生きることを体現している杉田選手に、今後の展望について伺った。, 「まずは、サッカーを楽しみたいと思います。イランでの契約は残っていますが、イラン国内の情勢を含めて今後はどうなるか分かりません。だからこそ、どこに行ってもサッカーを楽しみたいという気持ちは大切にしたいです。待遇や条件はプロサッカー選手としてもちろん大切です。それが、自分のサッカー選手としての評価と直結しているので。ただ、イランより面白そうだと思える話があれば、南米や日本なども含めて、色々な国でプレーしてみたいと思っているのが、自分の素直な気持ちです。そう思えるのは、イランでプレーしたという経験が1つ大きい要因だと思います。待遇だけに捉われるのではなく、広い視野でサッカーと関わりたいです。あと10年ぐらいは現役としてプレーし続けたいと思っています。」, ■ユース経歴

車 塗り絵 トヨタ, 大根 千切り 冷凍保存, 3歳 服 サイズ, 福井 駅前 え ち ぜん鉄道, インナー 生地 種類, サンバー オーディオ ハーネス 配線図, レザークラフト 手帳 カバーキット, 京橋 バイク 駐輪場 ダイエー, 韓国 ヘアケア シャンプー, エトヴォス ベビー 店舗, エクセル アプリ セル の コピー, 看護師 いじめ 訴える, 野球 怖い話 なんj, 秀丸 ダブルクリック ハイ ライト, フェイスブック ブロック 友達以外, Zoom ホワイトボード Ipad Pencil, Iphone 写真 読み込めない, 東芝 掃除機 フィルター 交換, 賃貸 下水 臭い 解約, 甲子園 ホームラン 難しい, Lg V60 Thinq 5g デュアルスクリーン 不具合, Get_terms Orderby 効かない, 7つの大罪 ネタバレ 344, カルビ 味付け 人気, Fgo ピックアップ2 予想, マウス ホイール 拡大 勝手に, Onenote セクショングループ 作成, ビットコイン 取引所 手数料 比較, Itunes ライブラリ 追加できない,

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *