Uncategorized

プロ野球 20勝投手 現役 7

鈴木 啓示(すずき けいし、1947年9月28日 - )は、兵庫県西脇市出身の元プロ野球選手(投手)・監督。, 通算被本塁打(560本)と通算無四球(78無四球)の日本記録保持者。通算317勝は日本プロ野球歴代4位(左投手としては歴代2位)。パ・リーグ最多記録となる最多奪三振を8回獲得している。愛称は「ミスターバファローズ」。, 元は右利き。4歳の時に右腕を骨折した際、プロ野球選手に育てたいという父親の意向から左利きに矯正された。育英高等学校では1964年、2年の時に夏の甲子園兵庫県予選決勝に進出するが、芝池博明投手を擁する滝川に0-1で敗退。しかし同年秋季近畿大会では決勝に進出。向陽高の野崎恒男と投げ合い、延長17回の熱戦を制しサヨナラ勝ち。翌1965年の春の選抜への出場を決める。選抜では2回戦(初戦)で徳島商の利光高明投手(日本生命)に抑えられ、1-3で敗れる[1]。同年夏の県予選決勝では報徳学園と対決、エース谷村智博と投手戦の末、0-1xでサヨナラ負け、夏の甲子園出場はならなかった。高校同期には捕手の塩谷守也(専大)、三塁手の藤村哲也がいる。, 育英高等学校から1965年のドラフト2位で近鉄バファローズに入団。当初は阪神タイガースの1位指名が有力とされていたが、阪神は鈴木を指名せず、石床幹雄を指名した。新人の年にオールスターゲームに出場し、同じ左腕で大先輩の金田正一(巨人)にカーブの投げ方を習おうとすると、「教えて欲しければ銭もってこい」と言われ、それまでの尊敬心から一転して敵愾心を燃やすようになる[2]。金田がロッテの監督だった1973年から1978年までの6シーズンはロッテ戦通算26勝8敗の好成績を残し、ロッテキラーとなった。, 入団1年目に10勝、以後15年連続二桁勝利、翌年からは5年連続20勝以上をあげ、押しも押されもせぬ近鉄のエースとなった。1968年8月8日の対東映戦(日生球場)でノーヒットノーランを達成。1969年に24勝で最多勝。1971年9月9日対西鉄戦(日生球場)では2度目のノーヒットノーランを記録した。若い頃は江夏豊とともに「セの江夏、パの鈴木」と並び称された奪三振の多い投手であった。1967年から1972年にかけて6年連続で最多奪三振に輝くが(江夏も全く同じ期間に6年連続最多奪三振を記録)、1972年頃から奪三振数が半減し、投球内容の質も低下し始めた。鈴木本人によると「入団当初はノーコンでね。1年目の開幕直後には四球連発で二軍に落とされたこともある。制球力を付けられたのは日生球場のお陰やで。ホームランを警戒して低めをつく投球を、球場が教えてくれた。2度のノーヒット・ノーランは日生がくれた褒美やった。」と当時を振り返った[3]。, その後、1974年に監督に就任した西本幸雄の指導により、力任せの直球主体の投球を改め制球・配球を重視する頭脳的なピッチングを構築していく。当初は西本に反発し、1974年のオフに主砲の土井正博がトレードされた際には、「次は自分の番」と考えて、阪神監督の吉田義男にトレードを志願する電話をかけたこともあった[4]。1975年3月の阪神とのオープン戦では4回4失点でKOされると西本から「少しは向こうのピッチャー(山本和行 - 4年目)を見習え!」とベンチで言われるなど叱責が続いたが、やがて西本が自分とチームのことを本気で考えていると気づき、その指導を受け入れていった[4]。また、投手コーチの杉浦忠からは、「力で投げるんやったら相撲取り呼んでこい」とリリース時以外は力を抜く投球術を指導された[5]。この年は4年ぶりに20勝以上を挙げ、防御率も2.26の好成績を残す。奪三振数は減少したが、無駄な四球と失点も減少した。この頃から有田修三とバッテリーを組むようになる。1977年には200勝を達成、20勝で最多勝を残した。, 翌1978年、25勝で2年連続最多勝、防御率2.02で最優秀防御率を獲得した。同年に当時の日本新記録となる10試合連続完投勝利を記録し、見事な投球で往年の剛球が蘇り、最多奪三振・最多完封も記録し、「五冠」のうち勝率を除く4つの部門でリーグトップの成績を残した。同年の鈴木を最後に、日本プロ野球で年間25勝以上を挙げた投手は現れていない[6]。この年は「勝てば後期優勝」のかかった9月23日の阪急との最終戦(「藤井寺決戦」とも呼ばれる)で、山田久志との投げ合いに敗れ、その後阪急が逆転優勝を遂げて3年ぶりの半期優勝を逃した。試合後、辞意を仄めかした西本監督に対して「監督をやめないでくれ! 金子千尋はトヨタ自動車から2004年ドラフト自由獲得枠でオリックス入りし、2010年に17勝8敗、2014年に16勝5敗で最多勝。2018年オフに日本ハムに移籍した。 【関連記事】 アンダースロー投手としてプロ野球史上最多の284勝。 史上最高のサブマリン投手と呼ばれています。 金田正一. ・巨人の歴代最多勝投手は最多14人【タイトル獲得選手数ランキング】 現在は山本由伸や山岡泰輔ら若手投手が進境著しいだけに、8人目の誕生が期待される。 サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。, 美馬学が狙うロッテの歴代最多勝投手は意外に多い?10人【タイトル獲得選手数ランキング】. ・ソフトバンクの歴代最多勝投手はパ最多12人【タイトル獲得選手数ランキング】 ・吉田正尚は何人目?オリックスの歴代首位打者一覧【タイトル獲得選手数ランキング】 ・楽天、近鉄の歴代最多勝投手は?【タイトル獲得選手数ランキング】 中村高(高知)時代にセンバツ準優勝した山沖之彦は、専修大を経て1981年ドラフト1位で阪急に入団。1987年に19勝10敗で最多勝に輝き、阪神にFA移籍した1995年に引退するまで通算112勝を挙げた。 ・日本ハムの歴代最多勝投手はパ4位の9人【タイトル獲得選手数ランキング】 ・DeNAの歴代最多勝投手はセ最少5人【タイトル獲得選手数ランキング】 ・FAで6人を獲得したオリックス、移籍選手の「その後」は? プロ野球の2020年シーズンもいよいよ終盤戦。ペナントの行方とともに気になるのが個人タイトル争いだ。 ・美馬学が狙うロッテの歴代最多勝投手は意外に多い?10人【タイトル獲得選手数ランキング】 投手分業制が確立された平成以降、先発投手は中6日での登板がスタンダードになり、昭和以前の中4日での時代より登板数が減っています。, そうなると先発ローテーションの投手は1シーズンで約25試合前後に登板することになります。, ■1989年 30試合登板、20勝6敗、防御率2.44、勝率.769 ※通算504試合登板、165勝128敗17セーブ、防御率3.20、勝率.563, ■1989年 30試合登板、20勝7敗、防御率1.62、勝率.741 ■1990年 27試合登板、20勝5敗、防御率2.17、勝率.800 ※通算426試合登板、180勝96敗11セーブ、防御率2.77、勝率.652, 89年には11連続完投勝利の日本記録を達成し、最多勝、最優秀防御率、平成初の沢村賞を受賞。, ■1999年 25試合登板、20勝4敗、防御率2.09、勝率.833 ※NPB通算312試合登板、112勝67敗33セーブ23ホールド、防御率3.02、勝率.626 ※MLB通算436試合登板、22勝26敗95セーブ81ホールド、防御率2.66、勝率.458, 巨人で活躍後は、13年にレッドソックスで日本人初のワールドシリーズ胴上げ投手になりワールドチャンピオンに輝くなどクローザーで活躍。, ■2003年 26試合登板、20勝3敗、防御率2.83、勝率.870 ※通算150試合登板、79勝23敗、防御率3.33、勝率.775, 当時プロ野球記録の16連勝を飾るなどパリーグで1985年の佐藤義則以来となる20勝をマーク。, 最多勝、最優秀防御率、最高勝率、沢村賞などタイトルを独占し、リーグ優勝、日本一に貢献。, ■2003年 29試合登板、20勝5敗、防御率2.80、勝率.800 ※NPB通算219試合登板、93勝72敗1セーブ、防御率3.21、勝率.564 ※MLB通算16試合登板、2勝4敗、防御率6.66、勝率.333, 左腕から150キロを超える直球とチェンジアップ、スライダーを武器に阪神のエースとして活躍。, 2003年には開幕投手では黒星を喫したが、その後12連勝をマークしシーズン20勝を挙げて18年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。, ■2008年 28試合登板、21勝4敗、防御率1.87、勝率.840 ※NPB通算226試合登板、107勝69敗、防御率3.25、勝率.608 ※MLB通算150試合登板、63勝39敗2セーブ、防御率3.42、勝率.618, 200投球回数以上で被本塁打3本は、1958年に秋本祐作が記録して以来50年ぶりの快挙。, ■2013年 28試合登板、24勝0敗1セーブ、防御率1.27、勝率.1000 ※NPB通算175試合登板、99勝35敗3セーブ、防御率2.30、勝率.739 ※MLB通算164試合登板、75勝43敗、防御率3.75、勝率.636, 開幕から24連勝はプロ野球新記録で、シーズン無敗で最多勝に輝いたのは史上初の快挙。, 球団創設初のリーグ優勝に導き、巨人との日本シリーズでは7戦目に抑えで締めくくり胴上げ投手。, 西本投手のドラフト外を除けば、岩隈投手が5位でそれ以外は全員1位か2位指名での投手です。この顔ぶれを見るとさずがドラフト1位、2位投手だなと納得の投手達ですね。, 逆に岩隈投手は5位指名からの20勝やタイトル、通算成績を見ても素晴らしい実績を誇っています。岩隈投手を推したスカウトは最高の仕事をしましたね。. ・広島の歴代最多勝投手はセ3位の11人【タイトル獲得選手数ランキング】 ・阪神の歴代最多勝投手は意外に少ない?7人【タイトル獲得選手数ランキング】 プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。 ... 完封勝 【通算記録(現役選手)】 上位 20 投手 2020年11月11日(水) 現在. 日本のプロ野球創設期における伝説の大投手、沢村栄治を記念し、シーズンで最も優れた先発完投型の本格派投手に授与される沢村賞。今回は沢村賞の条件や基準について解説し、歴代最強ランキングを紹介していきます。 鈴木 啓示(すずき けいし、1947年 9月28日 - )は、兵庫県 西脇市出身の元プロ野球選手(投手)・監督。. ・FAで12人流出したオリックス、国内他球団とメジャー移籍した選手は? 野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんぞーです。 2020年シーズンのパ・リーグは3年ぶりにソフトバンクの優勝が決まりました。 リーグ優勝は3年ぶりですが、日本シリーズで考えると2017年〜2019まで3年連続で日本一に輝いています... 野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんぞーです。 今回はプロ野球選手になれる選手となれない選手で何が違うかを考えてみたいと思います。 けんぞーも野球をやっていたので、プロ野球選手になることがどれだけ高い壁かは肌で感じているつもりです... 野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんぞーです。 高校野球には名門と言われる学校がいくつもあります。 その名門校を率いて何度も甲子園に出場し実績を積み重ねた監督の言葉に注目してみたいと思います。 名門校になれば当然全国から有望な選... 選抜高校野球過去20年分の歴代優勝校と今大会出場予定だった高校をまとめ検証しました。今大会が中止になったのは非常に残念ですが、夏、秋、そしてまた来年の選抜に向けての参考にしてもらえればと思います。. 1978年8月31日のロッテ戦で完全試合を達成した今井雄太郎は、1981年に19勝15敗、1984年に21勝9敗で2度の最多勝。ダイエーに移籍した1991年に引退するまでプロ通算130勝を挙げた。, 日本大から1976年ドラフト1位で阪急に入団した佐藤義則は、1985年に21勝11敗で最多勝。阪急、オリックス一筋の現役生活で通算165勝をマークし、引退後はオリックス、阪神、日本ハム、楽天、ソフトバンクでコーチを務め、多くの投手を指導、育成した。 オレたちを見捨てないで下さい」と鈴木は絶叫。他の選手もそれに賛同したことで西本は留任し、翌年悲願の初優勝を達成、翌々年も優勝を果たした[7][8]。, 上記の他、日本一がかかった1980年の日本シリーズ第7戦でも近鉄リードの場面から救援登板して敗戦投手になり[8]、「残り4試合中2勝で優勝」だった1969年終盤の対阪急4連戦の初戦では先制を許して5回でマウンドを下りている(近鉄は敗れたが鈴木に敗戦は付かず)[9]。一方、1975年の後期優勝がかかった阪急戦では3点リードの8回から救援登板して胴上げ投手になり、「引き分けでも相手が優勝」だった1980年後期の対日本ハム最終戦(大阪近鉄バファローズ#10.7決戦も参照)では、打たれながらも味方打線が木田勇を打ち崩して勝ち星を挙げ、後期優勝を導いている。また、近鉄が連続優勝した1979・1980年のプレーオフや日本シリーズでは、いずれも第2戦に先発して勝利投手となっている。特に日本シリーズでは1979年第2戦で完封勝利、1980年第2戦でも完投勝利と好成績を残している。これは、初戦より第2戦に回した方が鈴木が発奮してよい結果が出るという西本監督の判断だった[10]。なお、1975年のプレーオフでは初戦に先発している(この試合は近鉄が勝ったが、鈴木には勝利投手はつかなかった)。, チームが連覇した2年間、鈴木自身は故障を抱え、公式戦での成績は1978年よりも低下した[11]。1981年はさらに急降下して10勝を割る5勝11敗となり、シーズン終盤に引退を決意して西本に伝えると「つらいほうの道を選んでみい。楽なほうは、いつでも選べるんや」という返答を受ける[8]。チームは最下位に終わり、このシーズンで西本は勇退する[8]。西本の最終戦となった1981年10月4日の対阪急戦(日生球場)では、退任する西本に花束を渡している[12]。, 鈴木は現役を続行し、1982年からは再び10勝台を記録するとともに、2年続けてリーグの最多無四球完投投手となった[11]。, 1983年、鈴木康二朗がヤクルトから近鉄に移籍してきたことで鈴木姓の投手が2名となる。そこでスコアボード、新聞などに"鈴木啓"と表記されるのを嫌った啓示が「オレは今までどおり"鈴木"でいい。あっちを"鈴木康"にすればすむことだろ。」と発言したが、球団は認めず"鈴木啓"表記を使用。しかし後年、"鈴木啓"と表記されたのと共に実況放送やスポーツニュースなどでフルネームで呼ばれる機会が増えたため「名前を正しく覚えてもらえた」と新聞の取材で語っている[要出典]。, 1984年5月5日の対日本ハム戦で通算300勝を達成[11]。この時、球団主導で「鈴木投手の300勝は何月何日?」とファンに予想してもらう企画があったという(なお1983年シーズン終了時点であと4勝に迫っていたため、1984年中の達成は確実と見られていた)。鈴木の300勝および3000奪三振達成を記念して、同年12月9日、親会社の近鉄では上本町 - 鳥羽間に300勝・3000奪三振記念パーティーの招待客を乗せる特急「草魂号」が運行された[13]。同列車は担当する列車乗務員の苗字を全員「鈴木」で揃えたり、鈴木啓示自ら改札に回ってファンと触れ合うというエピソードが残っている。, この年、公共広告機構(現:ACジャパン)のコマーシャルに起用され、「投げたらアカン」という言葉が流行語大賞を受賞した。, 翌1985年7月9日対日本ハム戦(後楽園球場)において3回でKOされ[14]、翌日の7月10日に現役引退を表明[15]。監督の岡本伊三美は、引退申出の原因はアキレス腱を痛めて走れなくなってバント処理もままならない状態になったこと、次の先発登板も決まっていたなどと自著で書いている[16]。鈴木は引退を西本幸雄に報告に行くと、西本からは勝負する人間の目ではないと指摘され「ご苦労さん」と声を掛けられた[17][11]。, 鈴木引退の報を聞いた阪急の監督上田利治は、引退の花道にとオールスターゲーム(上田が同年の全パ監督で、近鉄の本拠地である藤井寺球場での初開催[18]も予定されていた)への出場を鈴木に持ちかけるも辞退した。鈴木によると、上田に「パ・リーグの選手皆で胴上げしたるから出てくれ」と言われたが[19]「有り難い話やったけど、歴史のあるオールスターを俺一人の舞台にしたらアカンと思って断った」という[19]。1986年3月16日、阪神とのオープン戦で引退セレモニーを行なった。なお、鈴木が試合で使用したボールで所持しているのは、この最後の試合での交代時[20]のボールだけである。通算300勝を達成した際にも、チームメイトから渡されたウイニングボールをスタンドに投げ入れていた。, 通算317勝は歴代4位。鈴木は元号「昭和」そして20世紀最後の300勝投手となり、彼を最後に日本プロ野球には300勝投手は現れていない(元号「平成」における達成者は皆無)。, 現役時代の背番号1は1985年以降、パ・リーグ唯一の永久欠番となっていたが[21]、2004年シーズン終了後の近鉄とオリックスの合併(オリックス・バファローズ誕生)により失効とされた(オリックスでは球団合併に際し、当時後藤光尊が付けていた背番号1の扱いについても検討され、オリックスでも背番号1を永久欠番とする考えがあり、鈴木に電話で伝えるも、鈴木本人が「自らの永久欠番はあくまで近鉄でのもの。背番号1をどうぞ使ってください」とし、合併後も後藤の背番号1継続着用を承諾した)。, ゴルフに関心がなかった現役時代から、朝日放送関連のABCゴルフ倶楽部の会員になっていた[17]。引退後は朝日放送で解説をする流れだったが、ある日、鶴岡一人から「啓ちゃん、オレと一緒に仕事をしよう」と声をかけられて、鶴岡と同じ放送局はNHK、新聞社はスポーツニッポンと契約することとなった[17]。, NHK野球解説者・スポーツニッポン評論家を経て、1993年から1995年途中まで近鉄の監督を務めた。近鉄の生え抜き選手の監督就任は小玉明利以来26年ぶりであった。引退の時点でオーナーの佐伯勇から「鈴木君、将来は監督で必ず帰ってくれ」と言われていたという[17]。, 監督としての評価は芳しくなく、自己の考えを部下に押し付けるだけの監督というイメージを植え付けられた。 プロ入りから3年1カ月で史上最速の通算100勝に到達し、プロ7年目までに164勝をマークするが右腕の血行障害で握力は大きく低下。何度も引退を考えたが周囲の慰留もあり、その後は主に救援で活躍。プロ13年間を駆け抜けた。 西武・西口文也 なお、日本プロ野球12球団における令和最初の任意引退選手となった。上原の引退により長嶋政権で在籍経験のある投手は全て現役を退いた 。 2020年からはtbsテレビ 野球解説者と日刊スポーツ 野球評論家、タレントとして活動する。 ・オリックスの歴代本塁打王は5人【タイトル獲得選手数ランキング】 野田浩司は九州産交から1987年ドラフト1位で阪神に入団し、1992年オフに松永浩美との交換トレードでオリックスに移籍。移籍1年目の1993年に17勝5敗で最多勝に輝いた。1995年4月21日のロッテ戦では19奪三振の新記録を樹立するなど、プロ通算89勝を挙げている。 1950年の2リーグ分立以降で個人タイトルを獲得した選手数を球団別に調べてみた。最多勝は下表の通りとなっている。, 最多勝のタイトルを獲得した選手が最も多い球団は巨人。パ・リーグでは2005年に新規参入した楽天を除くと、7人のオリックスが最少となっている。今回はオリックス(前身球団含む)の歴代最多勝投手を振り返ってみたい。, NPB歴代2位の通算350勝を挙げた米田は、1966年に25勝17敗で最多勝。歴代2位の949試合に登板し、19年連続2桁勝利をマークするなど驚異的なスタミナで「ガソリンタンク」と呼ばれた。 野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんぞーです。 毎年12人しか誕生しないドラフト1位指名。 プロ野球を目指す全ての選手の目標であり憧れのポジション。 しかしドラフト1位で、しかも競合での獲得にもかかわらずプロの壁に跳ね返され、思... 高校野球最大の魅力とも言える劇的な試合。壮絶な延長戦や大逆転劇などなかなか見ることが出来ない予想を超えるドラマチックな試合が特に多いのが夏の甲子園です。この5試合だけでも高校野球の魅力がぎっしり詰まっています。. 通算被本塁打(560本)と通算無四球(78無四球)の日本記録保持者。通算317勝は日本プロ野球歴代4位(左投手としては歴代2位)。 山田久志は阪急黄金時代のエースとして通算284勝を挙げたアンダースロー右腕。1972年に20勝8敗、1976年に26勝7敗5セーブ、1979年に21勝5敗4セーブで3度の最多勝に輝いた。 ・中日の歴代最多勝投手はなんと13人も【タイトル獲得選手数ランキング】 Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. ・プロ野球タイトルホルダーの出身高校ランキング【投手編】 プロ野球の2020年シーズンもいよいよ終盤戦。ペナントの行方とともに気になるのが個人タイトル争いだ。パ・リーグでは2005年に新規参入した楽天を除くと、7人のオリックスが最少となっている。今回はオリックス(前身球団含む)の歴代最多勝投手を振り返る。 ・ヤクルトの歴代最多勝投手はセ4位の8人【タイトル獲得選手数ランキング】 野球が大好きで野球の魅力を伝えたいけんぞーです。平成以降プロ野球でシーズン20勝を達成した投手はわずか7人しかいません。投手分業制が確立された平成以降、先発投手は中6日での登板がスタンダードになり、昭和以前の中4日での時代より登板数が減って

ダイオウサソリ チャグロサソリ 違い 10, 1000円カット 失敗 スレ 11, スマブラ フリー 音源 41, チェ デチョル 妻 12, 兄弟 英語 略 4,

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *