Uncategorized

右翼 左翼 違い わかりやすく 12

この心理テストであなたの政治的スタンスがわかります。直接的な質問はまったくなく、あなたが右翼/左翼のどちらに傾いているかわかってしまいます。右翼は日本にこだわりを持つ思想のことです。左翼は右翼の逆で、自国にこだわらない世界的な視点を持っている思想をいいます WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 【図解・右翼・左翼とは】フランス革命から現代日本までわかりやすく解説 fukaya 2019年8月13日 / 2020年5月22日 「右翼(右派)」「左翼(左派)」 とは、よく聞くわりにあいまいな理解しかされてい … 日本モンキーセンターの男性飼育員にTwitterでの投稿が女性差別蔑視だと問題になってるらしいのですが、どこが蔑視差別なんでしょうか?以下が問題になってる文章 飛行機が上空を飛んでいたり... 詐欺メールが届きました。SMSで楽天市場から『購入ありがとうございます。発送状況はこちらにてご確認下さい』 と届きその後にURLが貼られていました。 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。 2020.05.10 右翼と左翼の違いをわかりやすく解説した文章が話題に これ書いた人天才だろ; 2020.05.10 【悲報】政治豚、休日の朝から政治の話で盛り上がってしまう; 2020.05.08 大阪府知事の吉村ってなんで持ち上げられてんの?? 開いた後は発送状況を確認できるサイトに移動することは無く、ポップアッ... 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 左翼は、反体制という事ともう一つ大きな特徴があります。 それは 共産主義・社会主義 を目指していることです。 左翼が掲げる共産主義思想は、旧ソビエト連邦を中心として世界中に浸透しました。 彼らは、『格差へのアンチテーゼ』『平等主義による理想社会』を目指して、共産主義革命に邁進しました。 左翼が日本の伝統であり歴史でもある皇室を認められないのは、この徹底した平等主義にあります。 しかし、思想徹底する … 「右翼(右派)」「左翼(左派)」とは、よく聞くわりにあいまいな理解しかされていない言葉です。, 右翼(右派・保守)とは、伝統的・歴史的に作られてきた慣習、制度、思想、文化などについて、歴史の中で淘汰されてきたものだから価値があると考える立場のことです。, 一方左翼(左派・革新)とは、過去の伝統より人間の理性の力を信じ、理性の力で描いた理想に向かって現実の社会を変革していこうと考える立場のことです。, 右翼と左翼を区別するもっとも本質的な部分は、「人間の理性の力をどこまで信じるか」という点です。, 「なんでこんなに多様な意味が、右翼・左翼という言葉で表現されるの?」「そもそも、なんで右と左に分けるの?」, この記事を読むことで、ニュースの理解や、政治や経済の本からの学びがもっと深まるようになるはずです。, このサイトは人文社会科学系学問をより多くの人が学び、楽しみ、支えるようになることを目指して運営している学術メディアです。, ぜひブックマーク&フォローしてこれからもご覧ください。→Twitterのフォローはこちら, これはもっとも本質的な部分のまとめ方ですので、これだけで理解することは難しいと思います。, まず大事なのは、右翼(保守)と左翼(リベラル・革新)とは、特定の思想のテーマについての「対立軸」を前提にした区別だということです。, 右翼とは「保守主義」とも言いますが、何らかの政治的テーマについて「現状維持」「過去の方法を続ける」という姿勢を持つ立場です。, 左翼とは「リベラル」「革新」などとも言い、何らかの政治的テーマについて「変革」「理想に少しでも近づく」という姿勢を持つ立場です。, 実際の政治的な立場は右翼・左翼の2つだけではなく多様ですが、以下の図のように一つの軸の上のどこかに位置付けられます。, と思われるかもしれませんが、これは政治的なテーマだと思ってください。特定のテーマ、問題について、変革を望むのが左翼、現状維持や伝統的な方法を重視するのが右翼、ということです。, それは、フランス革命時代、議会で右側に保守的勢力が、左側に革新的勢力が座ったからだと言われています。, この時代、議会は大きく変動したのですが、議会の右翼が保守的勢力、議会の左翼が革新的勢力という区分自体は変わりませんでした。, そのため、これ以降の政治的対立について「右翼」「左翼」という区分が定着したのです。, フランス革命時代は、「国王の権力をどこまで維持するか?」というテーマだったのでシンプルでしたが、その後さまざまな政治的テーマが出てきました。, そのため、今では大雑把に紹介しても、以下のような対立軸と右翼・左翼の立場があると言えます。, また、政治学のテキストでは対立軸を複数重ねて、以下のように表現することもあります。このように区別すると分かりやすいですね。, 右翼・左翼の歴史をこれから説明しますが、以下の本でも詳しく説明されています。ぜひ読んでみてください。, 右翼・左翼について理解するためには、その時代、その国の政治的テーマが何だったのか?を押さえておくことが大事です。, 右翼左翼は民主主義という政治体制とともに学ぶべきです。民主主義については、次の記事で詳しく解説しています。, 1章では、フランス革命時の「王権をどこまで認めるのか?」という対立から右翼・左翼が生まれたと説明しました。, 実際には、この時代の10年ほどの間に議会は激動し、政治的テーマも大きく変わります。, この時代の右翼・左翼を理解するためには、当時の時代状況を知っておく必要があります。, こうして生まれた国民議会で検討されたのが、「王の権力をどこまで認めるのか?」というテーマでした。, 国王が議会で拒否権を持つということは、政治決定を国王が左右できる、つまり国王の権力を部分的に認めるということです。, というように、折衷的な結論になりました。とはいえ、王権と貴族・聖職者の権力をある程度制限することに成功しました。, 国民議会以降も、フランスの議会では新たなテーマが持ち上がり、そのたびに右翼・左翼が入れ替わっていったのです。, 立法議会後の国民公会では、民主主義だけでなく経済格差の是正が新たな政治テーマになりました。, 以上を整理すると、フランス革命は「民主主義」や「格差是正(社会民主主義)」に向かってひたすら左傾化し、山岳派失脚で部分的に揺り戻された出来事だった、と言えます。, いずれにしろ、このころ生まれた右翼(保守)・左翼(革新)という区別が、この後普遍的に使われるようになり、定着していったのです。, しかし一方で、産業革命によって巨利をむさぼる資本家と、奴隷のように使われる労働者という経済的な階級が生まれました。, そこで、新たな政治的テーマとなったのが格差の是正、それもイデオロギーとしての社会主義・共産主義です。, そしてヘーゲル的な理想を受け継ぎ、資本を社会が共有し、個人が自分のために働くことが直接に社会のためになるような国家を構想します。, マルクスが理想をして描いた共産主義は、当時の資本家と労働者に階級が分かれていた社会とはかけ離れたものでした。, そのため、共産国家を打ち立てるためには、資本家から資本を取り上げ共有する体制を作ることができる強大な権力が必要です。, つまり、自由・平等な社会を実現するために、一時的に自由を否定する体制「プロレタリア独裁」を必要としたのです。, マルクスの考えでは、プロレタリア独裁は、真の自由を実現する(=共産主義体制を実現する)ための一時的なもので、必要な「痛み」です。「痛み」を乗り越えれば、理想の共産国家が実現すると考えられました。, しかし実際には、プロレタリア独裁は短期間では終わらず、ソ連や中国をはじめとする社会主義国のように、長期の独裁が行われます。, しかも、国民は独裁政権によって自由が奪われ、マルクスの理想は現実にはなりませんでした。, それは、共産主義がもともと「経済的平等の達成」という政治テーマに対して、革新派だったからです。, つまり、経済は市場に任せよう、結果として格差ができるのは仕方ないとする市場主義・自由主義に対して、格差をなくして平等な社会を理想として描き、実現しようとしたのが共産主義だったからです。, そのため、本来の「右翼」「左翼」の言葉の意味から考えれば、「左翼」とは言えないものになったのが現実です。, 19世紀から20世紀にかけて、新たな政治的対立軸が生まれ、新たな右翼・左翼の立場が生まれました。, それが、ナショナリズム(民族主義)VSインターナショナリズム(国際主義)という対立軸です。, 先ほどフランス革命について触れましたが、フランス革命ではもう一つ、右翼・左翼の思想上重要な出来事がありました。, ナショナリズムとは、近代的な国民国家が生まれる過程で、国民に生まれた「一体感」「我々意識」のことです。, 私たち現代人にとっては当たり前のものですが、ナショナリズムは近代以前(日本なら江戸時代など)にはないものでした。そのナショナリズムが生まれたのが、フランス革命だったのです。, そして、ナショナリズムは「民族主義」とも言われるように、現代では「右翼」的な思想として語られることが多いです。, フランス革命は、この国王、貴族、聖職者たちの権力を国民の手に奪おうとした革命でした。, つまり、封建的秩序を維持する右翼(保守主義)に対抗する理念が、ナショナリズムという左翼(革新)の思想だったということです。, ナショナリズムは、その後、ナポレオンがヨーロッパを征服しようとする過程で、ナポレオンへの対抗としてヨーロッパ各国でも生まれ普遍的になりました。, こうして生まれた左翼としてのナショナリズムは、共産主義の誕生から右翼に移行します。, まず、2-1で説明したように、フランス革命ではある程度の民主主義が認められ、議会の権力が強まりました。, つまり、自由主義・民主主義が実現し、それを進めてきた山岳派が「左翼」ではなくなったのです。, この時代、巨利を独占する産業資本家と酷使される労働者たちに階級が分かれ、多くの労働者が苦しい生活を強いられていました。, そのため、労働者が団結して資本家から資本を奪い、労働者による権力の独占をする(プロレタリア革命)ことが目指されるようになったのです。, 共産主義について少しでも知っている方は、共産主義組織が「第一インターナショナル」などと言われたことを知っているかもしれません。, この言葉の通り、労働者は国境を越えて団結すること、つまりインターナショナルな活動が目指されたため、共産主義運動はインターナショナリズム(国際主義)と結びつきました。, 旧来の右翼は、中世封建的な秩序を支持する思想を持っていましたが、自由主義・民主主義が実現していく中で、旧来の保守主義は現実的な立場ではなくなりました。, そこで、保守的勢力は、新たに、過去の歴史や宗教、文化などの価値を重視する立場として、ナショナリズムを支持するようになります。さらに、ナショナリズムは国家間の戦争の時代に入り、より右翼の思想になっていきました。, 国民国家が誕生してから、ヨーロッパの国家は帝国主義的な活動をするようになりました。, 帝国主義とは、後進国を植民地支配し、資源や奴隷を集めて宗主国が利益を総取りする思想、体制。, 強大な力を持つようになった資本家が国家を動かし、植民地を広げるようになったわけです。, 国家同士で戦争することになれば、「民族として一体になって立ち向かおう」というナショナリズムが高揚するきっかけになります。, こうして世界は第一次世界大戦に突入し、ヨーロッパ社会においてはナショナリズム・帝国主義優位の時代が来たのです。, 結果的に、インターナショナルな労働者の団結でプロレタリア革命を起こすことは失敗に終わりました。, とはいえ、みなさんもご存じの通り第二次世界大戦後の世界は、共産主義・社会主義を信奉する東側と、自由主義を掲げる西側とに分裂し、冷戦秩序に支配されました。, つまり、植民地支配によって政治的・経済的に先進国に隷属させられていた「南」後進国たちが、支配者である「北」の先進国に対して独立を要求するようになったのです。, ここで、独立派の左翼たちは、国内の宗主国の支配者たちを追い出し、自分たちで政権を樹立する必要があります。, そのため、国民を「自分たちの国を作る」という目標に向かわせるために、民族主義(ナショナリズム)が利用されました。, つまり、労働者階級VS資本家階級という対立で右翼の思想だったナショナリズムは、「南」の国家の独立時には「左翼」の思想になったのです。, ここでも、政治テーマによって右翼・左翼の入れ替わりが起こっていることが分かると思います。, さらに、独立を目指した一部の国家は、冷戦下で共産主義のイデオロギーを利用しました。, それは、宗主国という資本家に対して、経済的に隷属させられていた労働者的ポジションの国家が独立する、つまり国家レベルのプロレタリア革命を目指したからです。, 資本家(宗主国)の支配を脱し、自民族による、支配されない、平等な国家を作る。このようなビジョンを描いたわけです。, このような国家にとっては、ナショナリズムも共産主義も、「左翼」思想になったのです。, 冷戦終結後は、旧来の右翼・左翼の対立軸がなくなり、「イデオロギー対立の時代は終わった」「右翼・左翼で立場を分けられなくなった」と言われることが多いです。, とは言え、いまだに右翼・左翼や保守・革新という言葉はよく聞きく言葉でもあると思います。, 戦後日本は、「平和主義」「非武装中立」という理念を持って出発したのに、すぐに日米安保条約を締結し、アメリカに従属して再軍備に向かった、というねじれがありました。, 政治テーマが「平和、再軍備」という日米安保を軸にしたものになったために生まれた構造です。, という対立も生まれました。しかし、この対立は日本の場合、保守政権が左寄りの政策(大きな政府、福祉国家、社会民主主義)を実践したため、左翼の説得力は弱く影響力を持つことはありませんでした。, 基本的に、戦後日本は保守政権による支配(55年体制)が続いたことから、対米従属、再軍備、皇族の重視といった思想が「体制側」になり、左翼の思想は「反体制」となりました。, そのため、一般的イメージとして「左翼はデモや批判ばかり」というイメージもできてしまった面があります。, そこで一つの対立軸で右翼・左翼と立場を整理することが難しくなり、新たな整理が試みられています。, このサイトでは、右翼・左翼も含むさまざまな政治的立場について、他にも詳しく解説しています。, 右翼・左翼や、「右派」「左派」「保守」「革新」などは非常によくニュースや新聞に登場します。そのため、日本・世界にどのような立場があり、何が右翼・左翼とされているのか知っておくことは、ニュースを理解する上で必須です。, この本は、初心者でも右翼と左翼について理解できるとてもいい本です。必ず学びになりますしすぐに読み終わるボリュームです。ぜひ読んでみてください。, おすすめ度★★宇野重規『保守主義とは何か – 反フランス革命から現代日本まで』 (中公新書), 右翼の思想でとされる保守主義について、歴史を詳しく振り返りながら解説する良著です。とても学びがあるので、特に保守や右派に良いイメージを持っていない人におすすめです。, Amazonプライムは1ヶ月無料で利用することができますので、非常に有益です。学生なら6ヶ月無料です。, などの特典もあります。学術的感性は読書や映画鑑賞などの幅広い経験から鍛えられますので、気になる方はお試しください。, このサイトでは、他にもさまざまな政治思想や現代政治について解説していますので、ぜひブックマークしてください。, リベラルアーツガイドは、質の高いコンテンツを作成し続けるためにご支援をお願いしています。詳しくは下記ページをご覧ください。, 当メディアは純広告(メディア内に設置する広告)を募集しています。詳しくは以下のページをご覧ください。, 何らかの政治的テーマについて「現状維持」「過去の方法を続ける」という姿勢を持つ立場, 議会の右翼が保守的勢力、議会の左翼が革新的勢力という区分自体は変わりませんでした。, フランスの議会では新たなテーマが持ち上がり、そのたびに右翼・左翼が入れ替わっていった, 産業革命によって巨利をむさぼる資本家と、奴隷のように使われる労働者という経済的な階級が生まれました。, 資本を社会が共有し、個人が自分のために働くことが直接に社会のためになるような国家を構想, 自由・平等な社会を実現するために、一時的に自由を否定する体制「プロレタリア独裁」を必要としたのです。, 労働者が団結して資本家から資本を奪い、労働者による権力の独占をする(プロレタリア革命)ことが目指されるようになった, 自由主義・民主主義が実現していく中で、旧来の保守主義は現実的な立場ではなくなりました。, 国民を「自分たちの国を作る」という目標に向かわせるために、民族主義(ナショナリズム)が利用されました。, 宗主国という資本家に対して、経済的に隷属させられていた労働者的ポジションの国家が独立する、つまり国家レベルのプロレタリア革命を目指した, 「平和主義」「非武装中立」という理念を持って出発したのに、すぐに日米安保条約を締結し、アメリカに従属して再軍備に向かった、という, 、対米従属、再軍備、皇族の重視といった思想が「体制側」になり、左翼の思想は「反体制」, 右翼(保守派=王党派など)が逮捕や引退によって消え、一部の富裕層のみを有権者として認めた人々が新たに「右翼(保守)」となる(, フランス革命前半…王、貴族、聖職者の権力を維持しようとしたのが右翼、権力を奪おうとしたのが左翼, マルクス主義…資本家の支配に対して、共産主義革命を訴えたのが左翼、現体制の維持のために旧来のナショナリズムを訴えたのが右翼, 冷戦下…宗主国からの独立を目指した国家内で、独立派のナショナリズムや共産主義が左翼、体制派が右翼.

パワプロ ましゅるむ アタレバー 20, タケヤ 靴 会社概要 5, 齋藤飛鳥 画像 まとめ 9, Pubgモバイル 強ポジ まとめ 10, ロッチ コント 違う 12, 北陸 方言 語尾 35, 脊髄小脳 変性症 残酷 4, Lineミュージック 再生回数 ダウンロード 5, 頭 鳥肌 スピリチュアル 51, キャンディクラッシュ ランキング 誰 16, 家族 名言 偉人 4, プログレス 6ハウス 月 5, セカンドストリート 商品券 販売 5, ヒカキン 家 マイクラ 9, Ark 寒さ無効 Pc 52, ポーカー チェック とは 8, 猟 友会 不祥事 5, 宮本 恒 靖 自宅 24, Bts On 日本語訳 7, 老健 入院 退所扱い 14, ハチクロ 野宮 山田 結婚 10, 中村アン トレーニング 頻度 17, 実 銃 レール 輸入 4, 銃 反動 名前 12, Libra Records ニガリ 7,

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *