Uncategorized

武田家 家臣 家紋 12

肖像画が広く知れ渡っていたわけでもないのなら、どんな顔でも描きたい放題だったのでしょうね。, その他に、安芸武田氏、若狭武田氏、上総武田氏、真里谷武田氏、河窪武田家、仁科武田家、油川武田家、米沢武田家と盛りだくさん。, これらの傍流の家系では、宗家に遠慮して「武田菱」は使わない、「花菱」や「松皮菱」など他の「菱紋」を使うというところもあるそうです。, その他にも日本各地に数多くの武田一族の子孫と名乗る家があって、 その家系でも様々な「菱紋」を用いています。, さらに、武家社会においては、「花菱紋」を、功績を挙げた部下に与えていたこともあるそうです。, 現在では「武田菱」として有名になっている武田信玄の家紋ですが、その名前の由来が江戸時代にあったり、「菱紋」の種類が多数あったりと、菱、水草なのに恐るべしと感じました。, 家紋はお目出度いもの、縁起のいいものを題材に、美を追求したマーケティングサインなのかもしれません。, 武田信玄には代々つたわってきた家紋を大切にするという気持ちがあり、武田信玄という宗主を敬う気持ちの大きな子孫の方々の思いがあり、武田家の末裔であることを誇りに思う方たちがいて、「武田菱」は今なお大切に伝えられているのですね。, 我が家の家紋をもう一度見直してみるのも、自分の来歴を知ることに繋がるような気がします。. 戦国時代の生活(服装・食事)はどんなだった?武将と平民ではどれくらい違ったのだろう?. 室町幕府の奉公衆四番に属し足利将軍家に代々の当主が直接仕えた。, 公信 - 武明 - 満信 - 持信 - 尚信 - 尹信 - 藤信と続いた。尹信は足利義稙の地方への動座に従い、藤信は足利将軍家と三好氏の戦いで討ち死にした。ただし、尚信(道鑑)の子で父と共に甲斐武田氏を頼った武田信喬の系統が京都武田氏の嫡流であったとする説がある(明応の政変後に甲斐て客分となったため、将軍家から偏諱を受けることがなくなったという)[11]。, 武田満信の次男・武田持明から始まる。持明 - 政明 - 煕明 - 材明 - 藤信と続いた。若狭の将軍家御料所の管理をまかされていた時期がある。庶流は若狭遠敷郡に土着した。, 上総武田氏は武田信満の子・武田信長に始まる家系である。古河公方足利成氏によって上総国の支配を認められて同国を支配した。信長の息子・信高の死後、本家は庁南城に、分家は真里谷城に本拠を構えた。嫡流は地名を取って庁南氏(ちょうなんし)を名乗ることもあった。上総武田家最後の当主・武田豊信は地元の伝承では甲斐武田氏の武田信玄の三男・信之と同一人物とされており、織田氏による甲斐武田氏滅亡後に弟の仁科盛信の家族を匿ったとする説がある。以後、豊信は北条氏傘下の将として反織田氏・反豊臣氏路線を貫き、1590年に小田原征伐中の豊臣軍によって居城を囲まれると自害し、同氏は滅亡した。, 一方、真里谷城の分家は真里谷氏(まりや/まりやつし)と名乗った。戦国時代前半には上総国西部から中部一帯を領有する大勢力となった。真里谷信清は古河公方足利政氏の子・義明が家督争いの末に出奔するとこれを迎え入れて「小弓公方」と名乗らせ、自らは「房総管領」を名乗ったと言われている。だが、庶出ながら一人息子であった信隆に家の実権を譲った後に正室から次男・信応が生まれると、「嫡出の信応を後継者とすべき」とする一派と「一度信隆を後継者と決めた以上は変えるべきではない」とする一派に家臣団は分裂した。信清の死後、信隆が当主になっが、程なく信応派が足利義明や里見義堯と同盟を結んで信隆を真里谷城から追放した。このため信隆は北条氏綱の元へと亡命した。これが第一次国府台合戦の一因とも言われている。同合戦後、北条軍に攻められた真里谷信応とその支持者は降伏し、信隆が当主に復帰したが、信隆の死後に里見義堯が、信隆の跡を継いだ信政を攻め滅ぼして真里谷氏を支配下に収めたが、第二次国府台合戦後には再び北条氏に屈服した。豊臣氏の小田原征伐によって庁南の本家と共に所領を奪われた。真里谷信高は那須氏のもとへ亡命した。, 本家庁南氏の豊信の子の氏信が生存し、庁南城落城の後家臣団に守られて近隣に移住し、郷士として土着したともされている。この子孫を名乗る家系は現在も血筋が続いている。分家真里谷氏のその後は不明である。, 因幡守護・山名氏の家臣に若狭武田氏傍流の一族がいる。いつ頃から因幡山名氏に仕えたのかは不明だが、『蔭涼軒日録』延徳3年(1491年)11月6日条に山名豊時家臣として「武田左衛門大夫」の記述が見える。1545年(天文14年)、山名誠通の家臣武田国信が久松山城(後の鳥取城)を改築したが、あまりに堅固過ぎたため、主君より謀叛の疑念を買い謀殺された。(国信の最後に関しては諸説あり、天文9年の橋津川の戦いで討ち死にしたとする説もある), 天文年間に鵯尾城が築城され、国信の嫡男武田高信が入ると弟の武田又三郎に鵯尾城を任せ、自らは鳥取城に入り守護山名豊数に対抗するような姿勢を見せる。1563年(永禄6年)、安芸の毛利氏と結んだ高信は鹿野城主・山名豊成(誠通の子)を毒殺、同1563年(永禄6年)4月の湯所口の戦いで豊数を破った。布勢天神山城を追われた豊数は鹿野城へ逃れたものの、後に病死した。1573年(天正元年)、出雲の戦国大名尼子氏の支流・新宮党の遺児である尼子勝久と山中幸盛が因幡に侵入し、甑山城に入城する。武田氏は山名豊国・尼子勝久連合軍と戦うため、これを攻撃するが破れ、鳥取城を主家 山名氏に明け渡し、鵯尾城に退いた。1578年(天正6年)、美作の国人領主・草刈氏が因幡国智頭郡に淀山城を構え、勢力を伸ばすと、山名氏はこれを討伐するため、同国佐貫の大義寺に陣を敷き、武田高信に軍議に応ぜよと招聘(しょうへい)した。高信が寺に入ると門を閉ざし、これを討ったため、因幡の武田氏は滅亡した。, なお、近年の研究によって武田高信の死は1573年(天正元年)5月以前であることが判明しており、同1573年(天正元年)5月4日付の「小早川隆景書状」(『萩藩閥閲録』)には「不慮に相果て」と記されている。また、数年後の毛利氏側の史料には織田方との密通が明らかになったため、山名豊国によって切腹させられたと記されている。, 『陰徳太平記』『因幡民談記』などによれば、高信の遺児・武田源五郎は南条元続の元に、源三郎(武田助信)は毛利秀包の元に身を寄せたという。この内、武田源三郎は村岡藩主となった山名豊国が200石をもって召抱えたとされる。明治元年(1868年)1月の『山名家加封之時藩士格録人名』には武田氏の名前が見えており、因幡武田一族の一部は山名家に仕え、村岡藩士となり、明治維新を迎えたことが分かっている。, 1392年(明徳3年)、甲斐武田家12代信春の子・武田信久が甲斐国より常陸国北浦に下り居城を構え、領地を治める傍ら剣術の一流を築いた。武田顕輔、尚徳が水戸藩に仕え、師範となり、家伝剣術の他、北辰一刀流剣術、鹿島新当流、天真正伝香取神道流を修め武田輔長の伝えた。武田輔長はこれを武田新当流として確立。今日に至る。, 戦国時代まで甲斐武田氏の庶流にして守護代であった跡部氏は、武田氏滅亡の折、主家に叛いて後に徳川氏の家臣となる。その後、子孫は水戸藩(水戸徳川家)に仕えたが、幕末時に主家に叛いた跡部姓を嫌った耕雲斎が主君徳川斉昭に願い出て、本姓である武田姓に復姓した。, 甲斐武田氏の家紋は武田菱(たけだびし)と呼ばれる「割り菱(わりびし)」である。ほかの武田氏の氏族も使用する。 信玄といえば戦国最強の武田騎馬軍団で有名ですが、それは本拠地である甲斐国(山梨県)の地勢に起因するところが大きいようです。というのも甲斐国は早い時期から牧場が発展していて、名馬の産地だったといいます。, 武田一族は清和源氏の流れを汲んでおり、長元4年(1031年)3月には清和源氏の惣領・源頼信が甲斐守として着任しました。以後、彼の子孫が名馬の産地・甲斐国巨摩郡を占拠するようになっていくのです。, 頼信の子・頼義、孫の新羅三郎義光はいずれも関東地方に国守として就任しており、義光次男の義清のときには巨摩郡(こまごおり)の市河荘、青島荘の下司(=管理人)として土着するようになります。そして、義清と子の清光は巨摩郡北部の逸見郷で荘園を成立させていきました。, この清光が甲斐源氏の祖といわれており、その子供たちが甲斐国を発祥として武田一族をはじめ多くの諸氏族を築いていくのです。, ちなみに上記のほか、二宮氏・河内氏・曾禰氏・奈胡氏なども清光の子が土着して祖となったようです。, 治承4年(1180年)4月に以仁王の令旨が出され、いわゆる源平合戦がはじまると、信義はこれに応じて信濃国伊那郡へ出兵し、のちに源頼朝と会って駿河国へも出兵して軍功を立てています。, 信義は源平合戦で頼朝と協力関係にありました。しかし、頼朝はまもなくして信義の駿河守護を解任し、信義の嫡子・一条忠頼も殺害しています。これは頼朝が、自らを脅かすほど強大な力となった甲斐源氏を恐れていたからといいます。, このため、武田氏は忠頼の弟・信光が跡を継ぎました。信光は治承4年(1221年)で武功を立てて安芸国の守護に任命されています。, ところで鎌倉時代における甲斐武田氏の事績はよくわかっていないようです。この時代の甲斐守護はほとんどわかっておらず、鎌倉末期に信光の子孫・武田政義が就いていたかもしれない、という推測レベルでしかないようです。, 南北朝期の武田氏は7代信武、8代信成、9代信春の三代にわたり、北朝方に属しています。また永徳元-3年(1381-83年)ごろの甲斐守護は信春だったと伝わっています(『円覚寺文書』)。, 南北朝期が終わったあと、関東では室町幕府と鎌倉府の対立が起こり、甲斐国人衆らの台頭などもあって武田氏は大きな混乱の渦に巻き込まれることになります。, 南北朝が統一されたあと、10代目信満の代には娘を関東管領・上杉氏憲(禅秀)に嫁いだことで戦乱に巻き込まれてしまいます。, 応永23年(1416年)に上杉氏憲(禅秀)が鎌倉府の足利持氏に対して反乱を起こしたため、これに従軍せざるを得なかったのです(上杉禅秀の乱)。, こうして信満は氏憲を支援したが、室町幕府の介入によって翌年には氏憲が敗北し、信満も鎌倉府の追討軍に追いつめられて最期は自害を余儀なくされたといいます。, 信満死後の甲斐国は守護不在となりましたが、鎌倉府は甲斐国人の逸見氏を守護にしようと幕府へ要請するも、幕府は承認しませんでした。これは幕府の一機関である鎌倉府が強大となり、政策などを巡って室町幕府と対立するようになっていたことにあります。つまり、関東における守護の任命もその政策のひとつでありました。, 応永25年(1418年)には信元が幕府から甲斐守護に任じられて帰国したとみられています。, 信元は武田の家督を信長に継がせようとしたが、信長は上杉禅秀の乱で鎌倉府に敵対したためにできず、信長の子・伊豆千代丸を嗣子とした。甲斐守護代の跡部氏らはこれに服従しなかったといいます。, こうした背景から伊豆千代丸に代わって甲斐守護を信重にしようと考えた幕府は、応永28年(1421年)に鎌倉府とそのことを交渉したようです。, また、一方で伊豆千代丸の父・信長は鎌倉府や跡部氏とたびたび戦ったようであり、永享5年(1433年)には駿府へ逃亡したといいます。, 永享10(1438)年にようやく信重が甲斐守護として帰国。また、同年には鎌倉府の足利持氏が関東管領の上杉憲実と決裂して攻めたことで、援軍にきた幕府軍に滅ぼされています。以後、関東では幕府と鎌倉府の戦いを中心にひと足先に戦国時代に突入することになります。, この乱世の中で武田氏は「信重」→「信守」→「信昌」と継がれていくが、幕府と鎌倉府の争いは幕府側に味方したとみられています。なお、信昌の代には既に信濃の村上氏との戦いがはじまっていることが確かな史料で確認できています。, 応仁元(1467)年からは京を中心に応仁の乱が勃発しますが、甲斐や信濃でも合戦があり、武田氏は信濃の大井氏と文明4年(1472年)に戦ったようです。ちなみに武田氏は東軍・細川方に与したとみられています。, 明応元(1492)年に信昌は家督を嫡男の信縄に譲って隠居したが、次第に次男・油川信恵への家督相続をのぞむようになったといいます。このため信縄と信恵が対立し、甲斐国衆もそれぞれを支持して深刻な家督争いに発展、さらには今川氏などの対外勢力との争いも同時に展開されたことで、甲斐国内に戦乱の嵐が吹き荒れたのです。, 永正2(1505)年に信昌、永正4(1507)年に信縄、翌永正5(1508)年に信恵が相次いで死没しますが、その後も家督争いは続きました(『高白斎記』)。, 信縄の死後は信直が跡を継ぎ、これに信恵の弟や子たちが対抗しましたが、永正7(1510)年に信恵方の主だった人物を討ち取り、ようやく決着をつけた信直が名実ともに家督後継者となったのです。, All Rights Reserved, Copyright © sengoku-his.com 2020 無断転載禁止, 遠光(三男):加賀美氏の祖。加賀美荘に住し、加賀美次郎と称す。子は小笠原氏・南部氏・秋山氏などを興す。. 武田信玄の旗の【風林火山】とは?続きがあるとか孫氏の兵法からの引用説などについて! 武田氏(たけだし)は、平安時代末から戦国時代の武家。 本姓は源氏。 家系は清和源氏の一流・河内源氏の一門、源義光を始祖とする甲斐源氏の宗家である。 安芸国・若狭国に分派が存在し、上総国などにも庶流があったが、いずれも通字として「信」(のぶ)が使用されている。

ポテト ライナー 子供 料金, Zoom 画面共有 パワーポイント, ワイモバイル ヤフープレミアム 解約, 黒い砂漠 ダンデリオン スタック, 金鹿 ドゥドゥー 生存, Ssd クイックフォーマット 時間, たけのこ レシピ 炒め, メモリ増設 起動しない Windows10, 七つの大罪 煉獄 アニメ, インスタ 画像 拡大できない, 暑中見舞い 無料 素材 ビジネス, 楽天トラベル 領収書 分割, ハッシュタグ シャープ 変換, エアコン 冷えない ガス漏れ, マルちゃん スープカレーラーメン 販売 店, モンベル 折りたたみ自転車 口コミ, 楽天 ふるさと納税 ポイント10倍, 金鹿 ドゥドゥー 生存, Excel シート 削除できない 共有, インスタ ストーリー 画像サイズ 変更できない, Gメール 返信の仕方 Iphone, アディダス ジャージ メンズ 下, セイコー 鉄道 懐中時計, ブルベ 1000km 装備, アニメ エフェクト 描き方, エクセル プルダウン 複数選択, アプローチ 急に やめる, スマホ 写真 形式 確認, ノア モデリスタ 黒, ディスクブレーキ ロードバイク メンテナンス, 鼻の黒ずみをとる方法 高校生 簡単, ガジュマル 幹 白い ひび割れ, Jcom メール 受信できない, 河口湖 オルゴールの森 再入場, 英語 文法 順番, Tokai シリアルナンバー 7桁, ハロウィン 仮装 子供 男の子 100均, ニッタク ユニフォーム 青, 黒い砂漠 戦闘の書 入手方法, プリンター スプール中 Canon,

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *