Uncategorized

片貝 地名 由来 4

●宿しゅく 片貝姓は地名由来の名字と考えられます。地名由来の名字は名字成り立ちとして圧倒手に多いものです。例えば貴族や武士の場合、支配地域の地名、邸宅のある場所から因んだ名字を名乗ったり、出身地から名乗ったりしました。 ●作田さくだ 古い地名、特に古代やそれ以前の地名は、漢字表記通りの意味ではないことが殆どです。なので、漢字から地名の由来を探るのは困難です。, 諸説ありますが、日本に漢字が伝来したのは古墳時代といわれます。しかし、漢字が伝来するより前から古い地名は存在していたと推定されます。, しかし、伝来した漢字の意味に対応する日本語を当てる作業が、全ての日本語に対して行われるのはもっと後の時代です。, 最初の頃はまだ山とか川など一部の漢字しか、漢字の意味と同じ意味の日本語の読みが当てはめられていませんでした。, そのため、地名の多くは漢字の意味を無視して日本語の音と同じ音の漢字を当てる、つまり「当て字」により地名が表現されました。, 上記に加え、飛鳥時代の大化の改新後の律令体制になると、中国に倣い、地名を好字二字で表現するようになりました。, 例えば漢字三字以上の地名を二字化する際に、適切な音の漢字があれば、うまく二字化して読み方もすんなり読めます。, しかし、適切な音の感じがない場合、表記上は文字を脱落させて二字化し、その上で読み方は三字以上のときと同じ読み方をするというトリッキーな地名も多数生まれました。, 例として、武蔵も駿河も信濃も、本来の漢字の読みからはとても「むさし」「するが」「しなの」と読めません。 ●大沼おおぬま 片貝漁港(かたかいぎょこう)は、千葉県山武郡九十九里町にある第4種漁港。九十九里浜南部の作田川河口に位置する。, 片貝の地名は、紀州加太浦の漁民によって開かれたことに由来し、当地は江戸時代を通して地引き網によるイワシ漁で活況を呈していた。しかし明治維新後機械揚繰網が登場すると、九十九里浜は遠浅な砂浜海岸であり作田川河口も動力船の漁港には狭すぎ、漁船の大型化への対応がむずかしかっため漁業は一時衰退した。第二次世界大戦後にはアメリカ軍が進駐、豊海町に高射砲射撃演習場キャンプカタカイが設けられ、オネストジョンの発射訓練などが行われ漁獲不振に拍車をかけると騒がれていた。そして、九十九里浜闘争が始まり、1957年(昭和32年)半ばには演習は無期限中止になった。, この、アメリカ軍の高射砲射撃演習場の中止に伴って拠出された掃海漁業補償金を基金として、1960年(昭和35年)に着工、総工費6億5千万円をもって、1962年(昭和37年)作田川河口に日本全国でも珍しい砂浜漁港である片貝漁港を出現させ、現在に至るまで、漁業の町、イワシの町としての九十九里町の面目を保ち、観光資源の柱となっている。, 本漁港は、海岸近くを走る千葉県道30号飯岡一宮線沿いに市街地が形成されている所にあるが、第4種漁港として、離島その他辺地にあって漁場の開発又は漁船の避難上特に��要な港港に相当するため、利用漁船が安全円滑に出入港できる航路の確保や、円滑な輸送機能を確保するため幹線道路とのスムーズなアクセスを図る道路の整備が進められている。, 後背地には海の駅 九十九里(いわしの交流センター)があり、イワシ漁に関連する品を展示するいわし資料館や、地元の農水産物等を出品している農水産物直売所「直売コーナー」があり、地元産食材を提供する飲食店「食体験コーナー」や、漁港や海を眺めることが出来るデッキが設けられている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=片貝漁港&oldid=75237502, 日本地誌研究所 編 『日本地誌 第8巻 千葉県・神奈川県』 二宮書店、1967年。. 片貝かたかい 江戸期は片貝村。地名は紀州加太浦の漁夫が開いた浦に由来という。 小関こせき 江戸期は小関村。元禄年間(1688~1704)以降に八川村(はっかむら)・大榎村を合併。当村は伊能忠敬の出 … ●薄島すすきじま ●下貝塚しもかいづか ※姉妹サイト. 【な行】 本来の漢字の読み通りに読むとしたら「むさ」「すが(すんが)」「しの(しんの)」となってしまいます。, これは、元々の地名は漢字三文字で、武蔵にはお尻に「し」の読みを示す一字、駿河は真ん中に「る」」の読みを示す一字があり、それを漢字表示上は省略して強引に二字化し、読みは従来通りの読み方をしたものと推定されます。, 信濃の場合は、以前は「科野」と表記されていたので、二字だった科野を好字に置き換えをはかったが、二字では適切な好字がないため、一旦好字三字で表記した上で、文字を省略して二字化するといった手間の掛かった変化を行ったと考えられます。, 近江や遠江も、本来は近つ淡海・遠つ淡海(これは漢字の意味通りの地名となっている)でありますが、二字化により海を江に置き換えた上でそれぞれ元の地名から近・遠と江をピックアップして組み合わせて「近江」「遠江」と表記。, しかし、読みは遠江が従来の読み通りの読み方にしたのに対し、近江は従来のよみの「淡海」の部分である「おうみ」となりました。, 次に、旧国名や郡名は範囲内の一地域の地形に由来している! 片貝の地名は、 紀州 加太浦(現在の 和歌山県 和歌山市 加太)の 漁民 が開いたことに由来する 。 1889年 ( 明治 22年) 4月1日 - 町村制 施行に伴い、片貝村、小関村、田中荒生村が合併して 山辺郡 片 … 成立年代不詳。隣接する東金市荒生の飛地か。江戸期は荒生村。地名は「あら(新)・き(処)」の転訛で新しく開墾した地という意味か。 【は行】 片貝さんの由来・ルーツ、逸話などをご存知の方教えてください。よろしくお願いいたします。, 片貝姓の読み方や、ローマ字表記、名字としての分析や運勢など、もっと詳しい情報を知りたい方はこちら。, 読み方からニックネームまで片貝姓の読み方を詳しく解説。あなたの知らない意外な読み方が見つかるかもしれません。, 片貝姓の読み書きといった字の特徴から運勢、人口など名字の特徴をデータ化しています。, 片貝姓の文字から受ける印象やどんな方が多いイメージがあるかを皆さんの意見をもとにまとめています。, 同じ姓を持つ人はどこかできっとつながっている! 成立年代不詳。隣接する東金市大沼の飛地か。江戸期は大沼村。「おお(美称)・ぬま(湿地)」で湿地を指したもの。 All Rights Reserved. ●細屋敷ほそやしき 【か行】 でも説明した、前中後や上下に分割した国名。, しかし元は前中後なら「○○道前/中/後国 (○○のみちの くち/なか/しり のくに)」、上下なら「上/下○○国 (かみつ/しもつ ○○のくに)」とし、それを略する形で国名の一字と前中後上下を組み合わた表記になりました。, 一方、読みに関しては、元の「○○のみちの くち/なか/しり のくに」「かみつ/しもつ ○○のくに」のままでした。, 後年になり、前中後に分かれた国は音読み化され、上下に分かれた国は音が変化した読みになりました。, また、「木」や「津」といった一文字の地名は、語尾を伸ばして強引に二字化されました。 片貝: 群馬県、東京都、埼玉県。新潟県長岡市東片貝町・西片貝町発祥。室町時代に記録のある地名。群馬県吾妻郡東吾妻町三島での伝承。群馬県吾妻郡東吾妻町岩下では千葉県中部(旧:上総国)の出で平氏の後裔と伝える。平タイラ参照。群馬県前橋市東片貝町・西片貝町は戦国時… 片貝漁港(かたかいぎょこう)は、千葉県 山武郡 九十九里町にある第4種漁港。 九十九里浜南部の作田川河口に位置する。. 江戸期は真亀新田村。安永5年(1776)に新田開発により成立。はじめは真亀新開と称した。地名については上記を参照。. 地名は治承4年(1180)の石橋山の合戦に敗れた源頼朝が当地に来て村名を訪ねた際、御堂を問われたと誤解した里人が不動堂と答えたことに由来するという。 ?そんな片貝さんどうしが交流するための掲示板です。, 「片貝」さんの読み方からダジャレを作ります。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ●片貝かたかい 片貝川は、平均河床勾配1/12(8.5%)の日本屈指の急流河川で、昔から洪水の氾濫とそれに伴う河道の変遷を繰り返してきました。魚津市史によると、かつては現在よりかなり西方を流れていましたが、嘉暦2年(1326年)の大洪水により片貝川は大きく東へ移動し、独立した河川であった布施川の流れを片貝川が奪い、現在の流れが形成されたといわれています。南又谷には「洞杉」として知られる立山杉の巨木が群生しています。また、左岸流域は、ヒメカンアオイとクビキカンアオイ(ウマノスズクサ科の植物)の2種が混在する地域として学術的にも貴重です。東又谷は毛勝山や僧ヶ岳へ、南又谷は釜谷山や猫又山への登山口となっており、県内外より登山者が訪れます。平沢の「沌滝」周辺には雪崩防止のために保護されているトチノキの原生林があります。, 片貝川の下流域は広々とした扇状地となっていて、稲作地帯や、リンゴ、ナシなどの果樹栽培、豊かな伏流水を利用した半導体工場などが立地しています。, 上流域の地質は、飛騨帯の花崗岩(かこうがん)類及び片(へん)麻岩(まがん)類からなり、降雨、風化作用、雪崩などにより山地の侵食が著しく、土砂の生産が大変多いのが特徴です。明治以前の記録に残った大災害は20回以上にものぼり、さらに明治以降においても水害の数は多く、明治年間13回、大正年間4回にもおよび、昭和に至っても、昭和27年(1952)7月豪雨や昭和44年(1969)8月豪雨などによる水害が発生している。特に、昭和44年(1969)8月豪雨による大洪水では、急流河川特有の強大な洪水エネルギーにより、堤防の決壊や橋梁の流失、床上・床下浸水、農地流失等の大被害を受けた。かんがい用水については、安定した取水を行うため取水口の合口化が進められ、古くから扇状地の水田に利用されている。一方、合口用水の取水口となっている黒谷頭首工下流は典型的な扇状地形を呈し、かんがい用水の取水や伏流により、かんがい期に流量が減少する状況が見られる。≪釣り情報≫  片貝川には漁業権が設定されている。富山県内水面漁業調整規則により、漁業権の有無に関わらず、県内の全ての内水面(河川・湖沼等)では、イワナ、ヤマメ、アマゴ、ニジマスの採捕は、10月1日から翌年2月末日まで禁止されております。下流部は、主に水田地帯を流れている。平均河床勾配は1/60であり、河床は礫、砂礫で覆われ、複列砂州の形状を呈している。河道内にはヤナギやオニクルミなどの樹木、ツルヨシ、ススキ等の草本が群生し、アユ、ウグイ等が生息している。落合橋から河口にかけては、流れが緩やかで中州が形成され、ヤナギ類が群生しており、カワラヒワやムクドリなどの鳥類が生息している。水辺にはアオサギ、コサギ、カモメが飛来している。沿川には、桜づつみが整備され、高水敷はスポーツやレクリエーションに利用され、地域住民の憩いの場となっており、自然に学び、ふれあうことができる水辺空間として利用されている。 片貝川扇状地においては、黒谷頭首工下流部では、河川水の伏流により流量の少ない区間が発生しているが、扇端部の至るところで湧水が見られ、住民の生活用水としても利用されている。水質については、環境基準点落合橋におけるBOD75%水質値が、平成3年~12年度の10年間では、片貝川(落合橋)で0.9mg/l以下の範囲内でそれぞれ推移しており、環境基準値(片貝川AA類型1mg/l以下)を満足している。 富山県ホームページ等により≪片貝川水系電源開発の沿革≫ 片貝川電源開発の起こりは明治45年1月片貝第一発電所を魚津市平沢(旧片貝谷村三ヶ字前平沢)地区に日本電気工業株式会社が魚津カーバイド工業用電力として開発に入川し発電を開始以来、大正10年本社を富山市におく富山電気株式会社を買収するところとなり、その賀、国策及び北陸地方経済の発展のために電力業界の統併合の推移と経緯をたどりながら同水系の後続の電源開発がなされ今日にいたる。 魚津市史より. 特色:隣接する東金市内の飛地が多いが、地内でも大字の地域は内陸部と海岸部に分れていることが多く、たいへん入り組んでいる。, 【あ行】 明治6年(1873)に起立。もとは貝塚村。地名は貝塚があることによると考えられる。 田中新生とも書いた。江戸期は田中荒生村。幕末には勝海舟が大頭直一宅に退隠したという。地形をあらわした「たな(棚)・か(処)」とも考えられるが、水田地帯のある種の形態の集落の名称でもあるか。荒生は「あら(荒)・おい(風化した所)」で一度は開拓した地が風化して荒れていたのを再び開拓した地という意味。 江戸期は真亀村。現真亀川は享保年間(1716~1736)に悪水排出路として掘られた新川で享保堀と称した。地名は地形が小高く、亀の形に似ていることに由来するという。「ま(接頭語)・かみ(噛)」の転訛で浸食地という意味。 古くは禾生・粟宇・粟尾と書いた。平安期は禾生郷、室町期は粟宇郷、江戸期は粟生村。当時は上下粟生村に分れていた。地名は湿地という意味。 諸説ありますが、日本に漢字が伝来したのは古墳時代といわれます。しかし、漢字が伝来するより前から古い地名は存在していたと推定されます。 その地名は、日本人が元々話していた言葉によって命名されたものです。 その後、漢字が伝来すると日本語の地名を漢字で表記するようになっていきます。 しかし、伝来した漢字の意味に対応する日本語を当てる作業が、全ての日本語に対して行われるのはもっと後の時代です。 最 … 片貝川は、富山7大河川の一つです。 ... 回以上にものぼり、さらに明治以降においても水害の数は多く、明治年間13回、大正年間4回にもおよび、昭和に至っても、昭和27年(1952)7月豪雨や昭和44年(1969)8月豪雨などによる水害が発生している。 ●真亀まがめ 古くは佐久田と書き、「さくた」とも称する。江戸期は作田村。地名は中世に上総国夷隅郡国吉(現いすみ市)から戦乱を避け住民が当地に移住した際、故地作田をそのまま用いたという。「さこ(狭処)た(処)」の転訛で河川で狭まった土地を指したもの。または砂礫地か。 明治22年(1889)に起立。もとは宿村(現東金市宿)飛地。江戸期は宿村。元禄の頃(1688~1704)宿村新田があったが合併。地名は往古「東士川宿(とうしかわじゅく)」と称されていたようで、東士川とは土気城主・酒井氏の定めた軍事集団・衆のひとつに名前がある。「たうし(倒し)・かわ(川)」で崩壊する危険のある川という意味。 ●粟生あお 江戸期は小関村。元禄年間(1688~1704)以降に八川村(はっかむら)・大榎村を合併。当村は伊能忠敬の出生地。地名は西隣の高倉村(現東金市)の大関より後にできたことから小関とした。堰があったことによる地名か、また平将門が大小の関を設けたことから「大関村」「小関村」の名がついたという伝承も残る。 ●小関こせき 片貝(かたかい): 千葉県山武郡九十九里町片貝 ・ 九十九里町の中心地の片貝(かたかい)は、和歌山市の加太(かだ)からやってきた人達が開いたことに由来する。加太開(かたかい)→片貝(かたかい)。他に以下の5つの説がある。

加藤紗里 出産 配信 4, Bls ガイドライン 2020 8, 拒食症 食事 1日 34, 信和グループ Cm うざい 25, 飛行機に乗る 英語 Fly 4, ずん やす 出身高校 42, ドラクエウォーク ガメゴン ドラクエ3 4, 福岡 草野球 強い 6, Windows イベントログ監視 すべき 6, レアルマドリード バルセロナ どっちが強い 5, ワンピース シュガー その後 6, ディセンダント3 歌詞 オードリー 6, 勧誘 撃退 面白い 4, ニューヨーク 公立高校 ランキング 4, ドラクエ4 リメイク 違い 24, 言葉の意味が分かること 要旨 例 7, トクバイ アプリ 使い方 4, アタラックスp 筋肉注射 揉まない 4, シティーハンター 小説 ダーク 11, のだめカンタービレ パクボゴム 何話から 5, 14系寝台 車 編成 19, サニーサイドアップ Nhk 曲 5, 怪談 根絶やし あさやん 7, 持株会 退職 売却 税金 18, 2nl Zoom 勝てない 34, 約束のネバーランド 181 Raw 5,

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *